太陽光に含まれる「バイオレットライト」近視の進行を抑える可能性

太陽光に含まれる「バイオレットライト」が近視の進行を抑える可能性

記事まとめ

  • 太陽光に関する慶應義塾大学医学部眼科学教室の発表が注目されている
  • 太陽光に含まれる「バイオレットライト」を浴びると近視の進行が抑制されるという
  • 「成長期の子どもたちは1日2時間を目安に屋外活動を行うのが望ましい」と鳥居秀成医師

太陽光に含まれる「バイオレットライト」近視の進行を抑える可能性

太陽光に含まれる「バイオレットライト」近視の進行を抑える可能性

太陽光の「バイオレットライト」を浴びると近視が抑制(depositphotos.com)

 屋外活動が近視の進行を抑えることは、世界各国の研究で確認されている。そのメカニズムの1つの仮説を提唱したのが慶應義塾大学医学部眼科学教室であり、最初に発見したのが鳥居秀成医師(慶應義塾大学医学部眼科学教室)だ。

 太陽光に含まれている「バイオレットライト」を浴びることで、近視の進行が抑制されるという鳥居医師ら慶應義塾大学医学部眼科学教室の発表が注目されている。

 「太陽光には紫外線やブルーライトも含まれているから、避けたほうがいいのではないか」と疑問を持つ人もいるだろう。目の健康のために太陽光をどのように取り入れればよいか、研究の第一線に立つ鳥居医師に解説してもらった。

「バイオレットライト」不足で近視が進行する可能性

 太陽光には、目に見える「可視光線」のほかに「赤外線」「紫外線」などが含まれている。「バイオレットライト」とは、その名のとおり分光すると「紫色」に見える光。可視光線の中で360〜400nmの波長を持つ。紫外線はバイオレットライトよりも波長が短い光だ。
 
 鳥居医師がバイオレットライトに着目したのは2010年頃、2種類の有水晶体眼内レンズ挿入術後の眼軸長の伸長量に差があることに気づいたことに始まる。

 坪田一男教授・根岸一乃教授・栗原俊英特任准教授らの指導の下、現在までに主に「@ヒヨコを用いた動物実験」「Aコンタクトレンズ使用者の臨床研究」「B屋内・屋外でのバイオレットライトの測定」の3つの研究を行った。
 
 @の動物実験では、ヒヨコをバイオレットライトを浴びるグループと浴びないグループに分けた。それぞれのグループ内で、ヒヨコの片目に1週間凹レンズをつけ近視を誘導し、レンズをつけて近視を誘導した目、レンズをつけない目、この2グループの近視進行程度を比較した。
 
 その結果、レンズ装用をした目・しない目の両方において、バイオレットライトを浴びた群の方が浴びない群よりも有意に近視進行が抑制され、眼軸長伸長量も有意に少なかったのである。

 「眼軸長」とは角膜から網膜までの、眼球の前後方向の長さだ。この眼軸長が伸びると、網膜より手前で焦点が結ばれて、網膜にはピンボケのような像が映る。これが近視の状態だ。
 
 ヒヨコの目の組織を調べたところ、バイオレットライトを浴びた目では、近視進行を抑制する遺伝子「EGR1(Early growth response 1)」の発現量が上昇していた。

 「以上のことから、バイオレットライトを浴びることで近視進行を抑制する遺伝子が活性化し、近視が進行しにくくなる可能性が考えられます」と鳥居医師は語る。
 
 Aの臨床研究では、バイオレットライトを通すコンタクトレンズと、あまり通さないコンタクトレンズの使用者の眼軸長を比較した。前者については1年当たり0.14mm伸びていたのに対し、後者は0.19mmも伸びていた。人間でも、バイオレットライトを浴びることで眼軸長の伸長が抑制されていた可能性が示唆された。
 
 Bの測定で、オフィスや車、病院の中にはほとんどバイオレットライトがないことが判明。近年の眼鏡や窓に使われているガラスの多くが、バイオレットライトを通さないことが判明した。こうした環境の変化も、近視が急増している原因の一つといえそうだ。

ブルーライトには誤解が多い

 バイオレットライトを浴びて近視の進行を防ぐために、屋外活動を行ったほうがいいことはわかった。しかし、気になるのが「紫外線」と「ブルーライト」。青色に見えるブルーライトは380〜500nmの光である。

 「ブルーライトについては、多くの人に誤解があるようです」と鳥居医師は指摘する。ブルーライトを検索すると、疲れ目やドライアイ、自律神経の乱れなどを招くと書かれている記事が見つかる。

 ブルーライトは悪者扱いされているが、鳥居医師は「朝や日中はむしろブルーライトを浴びたほうがよく、夜のカットが重要なのです」と語る。

 「ブルーライトは体内時計を調整する役割を果たしています。太陽が昇っている間にしっかりとブルーライトを浴びておくと、体のリズムが整って、健康が維持できるのです」

 「問題は夜間です。スマートフォンやゲーム機などのディスプレイを凝視してブルーライトを夜間に浴びていると、夜にもかかわらず体は昼間だと判断し、体のリズムが乱れ、睡眠障害や肥満といった症状が現れやすくなります」

バイオレットライトの活用で近視進行を抑制

 紫外線については、目や皮膚に与えるダメージがあるため注意は必要だ。

 「昭和30年の子どもの外遊びの時間は、1日平均3.3時間というデータがあります。私たち人類の歴史を振り返れば、太陽光を浴びて生活してきた年月のほうが長く、ある意味では自然なことなのです」

 「近視の進行を抑制するために、成長期の子どもたちは1日2時間を目安に屋外活動を行うのが望ましいですね。成人して近視が落ち着いているようであれば紫外線による影響を考慮し、屋外活動時間を少なくしたり調整していくのが望ましいと思われます」

 鳥居医師は、バイオレットライト照明などの開発にも携わっている。
 
 「私自身、中学時代にパソコンにハマり、たった1週間で裸眼視力が1.5から0.5に急落して非常に困った経験があります。さらに成人してからも近視は進行し続けていたのです」

 「近視進行を抑制する可能性のあるバイオレットライトの発見後、バイオレットライトを透過する眼鏡やバイオレットライトを出す電気スタンドを使うようになって、眼軸長の伸長が止まってきました」

 そして、鳥居医師は、「自分の体験を踏まえ、パソコンなどのVDT作業がほぼ日常化し屋外活動時間がほとんど確保できない現代社会において、近視発症・進行で不便に感じる人を減らし、さらに可能なら強度近視・病的近視・失明という流れをなくしていきたい」と締めくくった。
(取材・文=森真希)

森真希(もり・まき)
医療・教育ジャーナリスト。大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・健康・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。

鳥居秀成(とりい・ひでまさ)
慶應義塾大学医学部眼科学教室助教。2004年、慶應義塾大学医学部卒業後、日本医学会総会特別シンポジウムで日本の研修医代表として卒後初期臨床研修の問題点について発表。2006年、同大学医学部眼科学教室に入局し、2017年より現職。近視に関する研究に興味を持ち医師を志し、2017年にはバイオレットライトに着目した近視進行抑制についての論文を発表。現在は慶應義塾大学病院眼科の近視外来、南青山アイクリニックの近視予防外来などを担当。

関連記事(外部サイト)