世界最古のワインはイタリア産? 「放射性炭素」でヴィンテージワイン偽造を暴け!?

世界最古のワインはイタリア産? 「放射性炭素」でヴィンテージワイン偽造を暴け!?

世界最古のワインはイタリア産?(depositphotos.com)

 米サウスフロリダ大学の考古学者David Tanasi氏が率いる国際研究チームは、シチリア島アグリジェント近郊クロニオ山の洞窟で発見した複数の素焼きの陶器(テラコッタ)に、およそ6000年前の発酵ぶどうの痕跡を確認し、世界最古のワインは、フランス産ではなく、イタリア産だった可能性があると国際化学誌『微量化学ジャーナル(Microchemical Journal)』に発表した。

 国際研究チームは、醗酵ワインの中に存在する「ボム・パルス炭素14」(ボンブカーボン)による品種識別法によって、醗酵ぶどうの残留物を調べた結果、紀元前4000年の品種と判明。これまでイタリア最古とされてきたブドウ栽培の痕跡から、さらに約3000年も遡る大発見となった。

 研究に参加したイタリアのカターニア大学の化学者Enrico Greco氏は「この洞窟は、神々への供え物がされた神聖な場所だったかもしれない。洞窟の中で発見されたので、土中に深く埋もれず、中身も長年の間に凝固してはいたものの、保存状態は良好だった」と説明している。

DNA鑑定から放射性炭素年代測定法を経てセシウム137による年代測定法へ

 醗酵ワインの中に存在する「ボム・パルス炭素14」による品種識別法の真相を知るためには、10数年前のフランスとイタリアの国境付近にタイムスリップしなければならない。

 2005年、ボルドー大学のPhillipe Hubertらの研究チームは、ワインに含まれるセシウム137という放射能を測定するワインの年代測定法を確立したと発表した(「World Fine News」2005年6月18日 )。 

 フランスでは、有名なAOC(原産地認証)を受けたビンテージワインにまったく別の安価なワインを混ぜ、偽物を正真正銘のAOCワインと偽って販売する偽装・詐欺事件が頻発し、現在も収束する兆しはない。

 今回の研究チームは、このようなトラブルに対処するために、フランス詐欺取締り当局が資金を拠出して立ち上がった。だが、研究所は高度なセキュリティを確保するために、フランスとイタリアの国境近くの地下に設けられ、測定が続けられてきた。

 従来のワインの年代測定法は「DNA鑑定」の手法によるぶどう品種識別法(SNPs/一塩基多型を分析するPCR法など)が開発されたが、解析精度が低かった。たとえば、ブルゴーニュの赤の場合なら、ピノノワール以外のぶどうが混ぜられれば有効だが、粗悪なピノノワールが混ざると品種が同じであるために判定不能に陥る欠点があった。

 また、「炭素14」の減衰を測定する「放射性炭素年代測定法」によっておよその年代測定は可能だったが、ボトルを開けて測定する必要があった。だが「セシウム137」による測定法なら、ボトルを開けずにヴィンテージワインを測定できる利点がある。

 放射性炭素年代測定法は、自然の生物圏内では放射性同位体である炭素14 (14C) の存在比率が1兆個あたり1個と一定である事実を根拠に判定する年代測定法だ。

世界中のビンテージワインの真贋を突き止める「ボム・パルス炭素14」による識別法

 さて、放射性炭素年代測定法、セシウム137による年代測定法を経て、脚光を浴びるようになったのが「ボム・パルス炭素14」による識別法だ。

 かつてサンフランシスコで開かれた米国化学会会議で、科学者グラハム・ジョーンズ氏は「放射性炭素年代法は、全地球的に放射性炭素濃度が過去から現在まで一定であったことを前提としている。1940年以前、地球上の生態圏において炭素14(C14)は、宇宙線と大気圏上層部の窒素によって作られていた」と発表した。 

 ところが、1940年後半から1963年までの間に行われた大気圏核実験によって放射性物質が放出されたため、大気中の「ボム・パルス炭素14」の量が急増。だが、1963年に大気圏核実験が停止された結果、「ボム・パルス炭素14」の量は、化石燃料の燃焼によるCO2(二酸化酸素)の化学反応によって徐々に薄められてきた。 

 つまり、収穫前のぶどうは、CO2を摂取する時に炭素14も取り入れて生育するため、そのぶどうを原料にしたワインは、微量で無害な放射性炭素の「ボム・パルス炭素14」を含んでいることになる。

 21世紀初頭、欧米の科学者のグループは、高感度の加速器質量分析装置を利用し、1958年から1997年までのヴィンテージのある20の赤ワインのアルコール中の炭素14を計測し、その計測値を既知の大気サンプルの放射能レベルと比較したところ、ワインの製造時期を高精度で鑑定できた。その計測法が「ボム・パルス炭素14」による識別法だ。

 「ボム・パルス炭素14」による識別法は、有史以前の化石や工芸品の年代を調べる放射性炭素年代測定法のように、あらゆるワインの製造年代を調べるのに大いに役立つ。たとえば、話題を集めた1982年製シャトー・ラフィット・ロートシルト(Ch?teau Lafite-Rothschild)でも、その真贋が立ち所に判明するだろう。

 この鑑別法が普及すれば、世界のワイン市場からおよそ30億ドル(3300億円)もの偽装被害が撲滅できるという。年代物ヴィンテージワインの偽造ボトルを買わされて、悔しがるのも昔話になるかもしれない。

*参考:放射性炭素年代測定にBeta Analytic
http://www.radiocarbon.com/jp/carbon-dating-bomb-carbon.htm


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「DNA鑑定秘話」バックナンバー

関連記事(外部サイト)