あくび(欠伸)が伝染するのはなぜ? 止まらないと重い病気の兆候かも!?

"あくび伝染"は脳の「一次運動野」が関係か 止まらないと糖尿病、脳梗塞の兆候とも

記事まとめ

  • あくびの"伝染"を引き起こすのは、脳の「一次運動野」である可能性があるという
  • あくびの"伝染"は反響現象の1つと考えられており、チンパンジーやイヌでも見られる
  • 止まらないあくびは、糖尿病、片頭痛、貧血、脳梗塞などの可能性があるそう

あくび(欠伸)が伝染するのはなぜ? 止まらないと重い病気の兆候かも!?

あくび(欠伸)が伝染するのはなぜ? 止まらないと重い病気の兆候かも!?

欠伸はどうして伝染する?(depositphotos.com)

 英ノッティンガム大学認知神経科学教授のStephen Jackson氏らの研究チームは、あくび(欠伸)の"伝染"を引き起こすのは、脳の「一次運動野」と呼ばれる運動機能を司る領域である可能性があるとする研究成果を『Current Biology」』8月31日オンライン版に発表した。

 発表によれば、研究チームは、成人36人を対象に「あくび(欠伸)をしたくなっても我慢する」または「あくび(欠伸)をしたければしてもよい」のいずれかを指示した上で、人があくび(欠伸)をするビデオを見せた。

 また、参加者の様子をビデオ撮影し、口を開けてあくび(欠伸)をする回数と、あくび(欠伸)をかみ殺す回数を測定した。

 さらに、経頭蓋磁気刺激(TMS)を用いて、参加者の脳の運動野における興奮性を測定した。

 その結果、ビデオで人があくび(欠伸)するのを見た時にあくび(欠伸)を我慢するのは難しく、我慢するように言われれば、あくび(欠伸)への衝動が強まることが分かった。

 また、あくび(欠伸)の伝染のしやすさは人によって異なり、この現象は一次運動野での興奮性と生理学的な抑制に起因している可能性が濃厚だ。

 あくび(欠伸)の伝染は、反響現象(Echophenomena)の1つと考えられている。反響現象とは相手の言葉や行動を無意識のうちに真似する現象だが、チンパンジーやイヌでも見られる。

 さらに、反響現象はてんかんや認知症、自閉症、トゥレット症候群など、皮質の興奮性や生理学的抑制との関連が指摘されている病態にも現れる。そのため、これらの病態の理解を深めるためにも、今回の研究結果は意義がある。

 Jackson氏らは現在、トゥレット症候群の患者の運動野での興奮性を抑えれば、チック症状を軽減できるか否かの研究を進めている。

あくび(欠伸)が止まらないのは、重い病気の兆候かも!?

 あくび(欠伸)は、思いもよらない時に出る。人前で平気に出る。眠くなれば出る。退屈なら出る。飽きたら出る。人に釣られて出る。噛み殺したり、ガマンしたり、手で隠しても出る。なぜだろう?

 あくび(欠伸)が止まらない時に考えられる病気が8つほどある。あくび(欠伸)が止まらないは、重い病気のサインかもしれない。

 あくび(欠伸)が止まらない原因と考えられる病気には、糖尿病片頭痛、貧血、脳梗塞、睡眠障害の他、低酸素血症、狭心症、自律神経失調症などがある。

 たとえば、糖尿病が好例だ。

 糖尿病に罹ると、脳内のエネルギー源になる血液中のブドウ糖が激減し、脳の働きが低下するため、あくび(欠伸)が出やすくなる。

 口を大きく開けてあくび(欠伸)をすれば、脳の血流が促され、酸素の供給が増すので、顔の筋肉が活性化され、大脳が刺激されるからだ。

 糖尿病が進行すると、あくび(欠伸)だけでなく、目のかすみ、体のだるさ、冷や汗、動悸、眠気なども併発するので、特に注意が必要だ。

 また、脳の血管が急激に拡張し、周囲の三叉神経の刺激がさらに血管を拡張して起きる偏頭痛も、見逃せない危険のサインだ。

 片頭痛は、片方または両方のこめかみから目にかけて脈を打つようにズキンズキンと堪え難い痛みが続く。寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども原因になる時もある。

 片頭痛が起きる直前に、あくび(欠伸)が頻発するのは、脳の血管に酸素を取り入れて血管が拡張するからに他ならない。あくびの他、脈打つような頭痛、吐き気、嘔吐などを伴う時もある。

 その他、あくび(欠伸)が警告する貧血、脳梗塞、睡眠障害の他、低酸素血症、狭心症、自律神経失調症などの兆候も怖い。

 本サイトの『あくび(欠伸)が止まらないのは病気の兆候!?あくび(欠伸)が止まらないときに考えられる病気8つ』に詳しい情報があるので、ぜひ参照してほしい。
 たかがあくび(欠伸)と侮らず、毎日の生活習慣を乱さないように気をつけよう。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)