昭和の歌姫・美空ひばり52歳の生涯〜酒とタバコに手を染め......間質性肺炎で呼吸不全

昭和の歌姫・美空ひばり52歳の生涯〜酒とタバコに手を染め......間質性肺炎で呼吸不全

美空ひばり52歳の生涯(写真は『美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)』より)(depositphotos.com)

 今年は日本を代表するディーバ・美空ひばりの生誕80年。ひばりを偲ぶイベントや番組が多い。

 『美空ひばり生誕80周年記念だいじょうぶよ、日本!ふたたび(熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』(4月5日)?には五木ひろしをはじめ、AKBグループ、EXILE、氷川きよしら豪華アーティスト全22組が集結。

 9月17日にはフジサンデースペシャル>『美空ひばり生誕80周年 愛と伝説と歌と芝居と...』がオンエアされた。10月17日には豪華本『美空ひばり プレミアムブックス〜映像の記憶に励まされて〜』が発売される予定だ。
 
 1989(平成元)年6月24日午前0時28分、美空ひばりが華々しくも苦悩に満ちた52年の生涯の幕を降ろした。死因は「特発性間質性肺炎」の悪化による呼吸不全。なぜ、ひばりは絶唱に命を捧げたのか?
 
 「私はただ、歌が好きなだけ」――。ステージでもスクリーンでも、数知れない絶賛と栄誉を一身に受け、日本人の心に沁み入る名曲を歌い紡いできたひばり。

 だが、「月に叢雲、花に風」のたとえ通り、1980年代に入ると、40代を迎えたひばりの前途に暗雲がた垂れ込める。知己・親友や肉親たちの急死が相次いだからだ。

 ひばり44歳の1981年、実母・喜美枝は転移性脳腫瘍に襲われ68歳で他界。父親代わりになり、ひばりを可愛がった田岡組組長・田岡一雄は死没。1982年、大親友の江利チエミは45歳で夭逝。1984年、「銭形平次」を18年間も好演した大川橋蔵も55歳で永眠。

 息つく間もなく、ひばりの2人の実弟、かとう哲也(1983年)と香山武彦(1986年)も42歳の若さで後を追う悲運に見舞われる。さらに1987年、親交が深かった昭和の大スター、鶴田浩二(享年62)と石原裕次郎(享年52)も次々と不帰の人となる。

失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め......

 ひばりは、1977年にかとう哲也の実子・加藤和也を養子縁組する。だが、折り重なるように落命する人たちを失う悲痛に耐えかねて、酒とタバコに手を染め、か細い体を蝕まれる。

 47歳、1985年5月、ひばりの誕生日記念ゴルフコンペのプレー中に原因不明の腰痛を訴える。49歳、公演先の福岡市で極度の体調不良に陥り、緊急入院。

 重度の慢性肝炎(肝硬変)と両側特発性大腿骨頭壊死症と診断され、入院療養。明治座の公演中止を発表。

 「今はただ先生達のご指示をしっかり守り、優等生患者として毎日を過ごしています。あわてない慌てない、ひとやすみ一休み。もう一度歌いたいという信念が消えません。ひばりは生きております」

 だが、退院後も肝機能は回復せず、大腿骨頭壊死の治癒も捗々しくなく、病状は一進一退。50歳の1988(昭和63)年4月、東京ドーム復帰公演でステージに立つ。痩せ衰えた体をかろうじて支え、脚の激痛に耐えながらも全39曲を熱唱。

 体調は悪化していたものの、ドーム公演後の10か月間、13カ所の全国公演、テレビ番組収録などに精力的に挑む。

 51歳、1988年12月25日、26日は帝国ホテルで生涯最後のクリスマスディナーショー。年が明け、1989年1月7日に昭和天皇が崩御し、元号が「昭和」から「平成」へ移り変わった日、ひばりは「平成の我 新海に流れつき 命の歌よ 穏やかに」と短歌を詠む。

東京ドーム公演で復帰!名唱『川の流れのように』をリリースするが

 「明日の自分は、今日の自分に勝ちます」――。3日後の1月11日、『川の流れのように』のシングルをリリース。だが、特発性間質性肺炎はかなり進行し、ひばりを苦しめる。

 2月6日の福岡サンパレス公演で、持病の肝硬変の悪化によるチアノーゼ状態になるが、コンサートを強行。1100人の観衆を前に全20曲を熱唱。翌2月7日、北九州市小倉にある九州厚生年金会館での公演が、生涯最後のステージになる。

 会場の楽屋では、酸素吸入器と医師が控える。肝硬変が急変すれば、食道静脈瘤が破裂し、吐血寸前の病態に追い込まれる。以後、横浜アリーナのこけら落とし公演に執念を燃やすが、自宅療養を余儀なくされる。

 だが、3月21日にラジオのニッポン放送の『美空ひばり感動この一曲』と題する10時間ロングランの特集番組に自宅から生出演。番組終盤に生涯最後のコメントを残す。

 「ひばりに引退は有りません。ずっと歌い続けて、いつの間にかいなくなるのよ」

ひばり52歳、その無念の死を招いた「特発性間質性肺炎」の恐怖

 「麦畑 ひばりが一羽 飛び立ちて... その鳥撃つなよ!私自身の命ですから、私の中に一つでも悩みを引きずって歩んでいく訳には参りませんので、後悔のないように完璧に人生のこの道を歩みたいと願っているこの頃です」――。

 この弱々しい肉声テープを病室から録音したが、生涯最後のメッセージとなる。録音2日後の5月29日、病室で52歳の誕生日を祝う。しかし、約2週間後の6月13日に呼吸困難の重体に陥り、人工呼吸器を装着。順天堂病院の医師団に対して「よろしくお願いします。頑張ります」と告げる。和也が「おふくろ、頑張れよ」と声を掛けると、両目に涙を浮かべるが、奇跡は起きなかった。

 「歌っている限りは、ファンのみなさんに喜んで頂ける、安心して歌を聞いて頂ける、そんな状態を長く保っていきたい!こう、願っております」

 ひばりを死に追いやった特発性間質性肺炎とは何か? 特発性間質性肺炎は、原因不明(特発性)の間質性(肺胞隔壁に広範囲に及ぶびまん性)の炎症が起きる肺炎(特定疾患)だ。代表的な疾患は特発性肺線維症、サルコイドーシス、関節リウマチなどの膠原病 、 過敏性肺炎、じん肺、 薬剤性肺炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア・ニューモニエ肺炎、ニューモシスチス肺炎、サイトメガロウイルス肺炎などの感染症などがある。

 特発性肺線維症は、慢性的に肺の線維化が進み、中高年以降に呼吸困難や乾いた咳で発症し、ゆっくり進行。およそ4〜5年で呼吸不全が現れ、死亡に至る頻度が高くなる。肺がんを合併することも多い。

 治療に特効薬はなく、プレドニゾロンなどのステロイド薬などを処方するが、ひばりは、肝硬変を併発していたので、どのような治療が行われたのか判然としない。また、治療を行っても、5年生存率は約36%、10年生存率は約20%といわれる難病のため、ひばりが苦闘していたのは疑う余地がない。

 美空ひばり(加藤 和枝)。1937(昭和12)年5月29日、神奈川県横浜市磯子区滝頭に出生。天才少女歌手と騒がれて12歳でデビュー。「昭和歌謡界の女王」と称えられ、女性初の国民栄誉賞を受賞。愛称は御嬢(おじょう)。身長147cm。通算レコーディング曲数1,500曲、オリジナル楽曲517曲、レコード累計売上8000万。戒名は慈唱院美空日和清大姉。墓所は横浜市港南区の横浜市営日野公園墓地にある。

 春夏秋冬、どこかの空で囀る雲雀のように、ひばりも、「川の流れのように」を歌っているのだろうか。黄昏に染まる空を見つめながら、おだやかに身を任せながら、青いせせらぎを聞きながら。

参考:美空ひばり公式ウェブサイト


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

関連記事(外部サイト)