わずか18歳と8ヶ月の悲劇、なぜ岡田有希子は「自殺」に追い込まれたのか?

わずか18歳と8ヶ月の悲劇、なぜ岡田有希子は「自殺」に追い込まれたのか?

画像は岡田有希子の2nd アルバム「FAIRY」

 人間到る処青山あり。明けない夜がないように、死に場所に国境も縄張りもない。この少女の儚い命も、自分が選んだ死に場所を探し当てた訳ではない。人類が綿々と写し撮ってきた「死というフィルム・ノワール(暗いシネマ)」のほんのワンシーンにすぎない。白昼の惨劇のフィルム・ノワールは、カタカタカタカタと乾いた音を立てながら回り始める――。

事務所ビルの屋上から投身自殺

 1986(昭和61)年4月8日、快晴。気温13.9度。午前10時すぎ。マンションの住民が近隣から漏れるガス臭に気づく。管理人が110番、東京ガスに通報。四谷警察署の警官とレスキュー隊が駆けつける。ガス自殺を図ろうとしたのか? 左手首をリストカットした少女が押入れの下段にうずくまる。泣いている。

 少女を収容、近隣の北青山病院へ搬送。治療後、軽症だったため病院を後にする。正午頃、少女は福田時雄・元サンミュージック専務と共に、事務所が6階に入居する東京都新宿区四谷の雑居ビルに入る。

 12時15分頃、少女は「トイレ」と言うなり、急いで席を立つ。福田元専務と付き人は、一瞬目を離す。少女はビルの屋上にスリッパ履きのまま駆け上がる。20数段。重いドア。一歩、二歩、三歩、小走りになる。息は上がらない。フェンスは低い。44kg、155cmの肉体が4月の晴れた空に向かって飛ぶ。時間は消える。何も見えない。重い加速度。1,98秒。ネガ反転。フェイド・アウト......。

 都心の白昼、投身自殺現場のわずか数メートル先を歩いていた男性がいる。「黒い物体(モノ)」が落下し、「ドスン」とも「バギッ」ともつかない不快な鈍い音。何があったのか? だが、「黒い物体(モノ)」が人間と分かるまで1秒とかからない。頭と思しきもモノが押し潰れている。呆然と立ちすくむ目撃者。激突後10数分間、遠巻きの野次馬の目に晒されたまま舗道にうずくまる「黒い物体(モノ)」......。

 110番通報で駆けつけた警官と鑑識が現場を取り囲む。数人の警官が慌てて保護シートで遺体を覆う。小さな右足か左足だけがわずかに縮んで見える。鑑識は、舗道や道路脇に飛散した、肉片、脳漿、血痕を探し、集めてあたふたと動き回る......。

 アイドルスター岡田有希子、18歳の最後のフィルム・ノワール。カタカタカタカタと振り切れる。そして翌朝まで、投身者が岡田だった事実は伏せられている。

自殺の真因は謎の謎?

 8日夜、真成院(四谷霊廟)で親族が仮通夜。翌9日、太宗寺で通夜。10日、宝仙寺で社葬・告別式。最優秀新人賞を争った吉川晃司、共演したロックバンド・SALLYの杉山洋介、岡田がファンだった舘ひろしのほか、多くのファンがしめやかに参列した。

 その後、代々幡斎場で荼毘に付される。墓所は成満寺(愛知県愛西市)。法名は侑樂院釋尼佳朋(ゆうぎょういんしゃくにかほう)。翌年7月、「サンミュージック代表、相澤秀禎」名義の慰霊碑を墓の隣に建立。岡田直筆の詩(プライベートタイム)、芸歴・受賞歴、相澤の哀悼の意が刻まれる。

 岡田の死因は、投身自殺による強度の全身打撲死。では、岡田を「自死させた誘因」は何か?

 死後、自室から鉛筆書きの便箋が見つかる。「峰岸さんにふられた」「もう一度お会いしたかった......勝手なことをしてごめんなさい」と書きなぐった遺書がサンミュージックの金庫に保管されているとする報道がある(「中日新聞」1986年4月9日、18頁)が、真偽の確認はできない。

 一方、昨年、自殺の直前までそばにいたサンミュージックの福田元専務は、「死の真相、2つの理由」を明かしている (出典:「J-CASTニュース」2016年12月3日)。福田元専務は、岡田のガス自殺未遂は関係を噂された男性への一途な思いが遂げられない葛藤に悩んだ末の行動、2時間後の投身自殺は自殺未遂によって周辺に迷惑をかけた過ちへの自責の念ではないかと語っている。

2010年以降、減少傾向が続いているが、自殺者の葬列は途切れない

 真相を知る者はない。しかし問いたいのは、自殺者の心に深く巣食う病理であり、岡田を死に招いた誘因の真相だ。

 2016年の日本人の自殺者は、警視庁の発表によると2万1764人。2015年の2万4025人より2000人以上減少している。自殺者数のピークは、2003年の3万4427人。2010年以降は減少傾向が続いている。だが、夥しい自殺者の葬列は途切れない。

 なぜ、人間は、自殺願望や希死念慮を抱き、死に急ぐのか? 高名な精神科医や心理学者の分析ではなく一市民の立ち位置から、自殺者の病理を見よう。

 結論は明白――。自己愛の放棄、自尊心の崩壊だ。自己愛も自尊心も食欲、性欲、自己成長欲と同じ本能だ。自己愛が滅失し、自尊心が崩落するほどの深い苦悩、煩悶、憂慮、厭世感に襲われない限り、自殺への自滅回路は見えない。

 岡田はどうだったか? 18歳。デビュー3年とはいえ、生き馬の目を抜く芸能界で未来を嘱望され、ファンの敬愛を一身に集める社会人。社会人ならば、理性、節度、自制心、他者への配慮や愛情を持たねば、生きられないのは明白だ。

 社会人としての矜持や謙譲心をすら失念するほどの残酷な試練や堪え難い逆境に直面したために、深い苦悩、煩悶の奈落に落ちたのなら、岡田の胸に巣食った深い病理を感じざるを得ない。感情の起伏が激しい「双極性うつ病」の兆候も取りざたされるが、思春期にありがちな「精神的な動揺」にすぎないかもしれない。

 自死が及ぼす社会への影響力、投身自殺による巻き添え事故、後追い自殺などに思いを致すことができないほどの制御し難い困惑した精神状態に支配されたため、無惨な自己不信、自己崩壊の暗黒面に堕ちたのだろうか? それとも、自己愛と自尊心の崩落を招き、自分を偽り、騙すという自己欺瞞性、盲目性、自己本位性に囚われすぎたために、理性のバリアが粉々に打ち砕かれたのだろうか?

投身までの空白の10数分

 このような病理に岡田を追い込んだ誘因は何か? その真因は何か? 推定を試みたい。

 岡田は、カネとイロ、強欲と汚辱にまみれた芸能界の暗黒に背を向けたかった。なりたい自分となりきれない自分との葛藤とジレンマに耐えきれなかった。我が身の至らなさ、欠点や汚点に失望し、自分を見限って終止符を打とうとした。失望と失恋の痛手、挫折と拒絶の苦悩、ゴシップとスキャンダルに傷つき疲れ果てていた......。

 投身までの空白の10数分はオフレコだが、その時、何があったのか。あくまでも仮定だが、このようなプロットはありえないだろうか?

 自殺未遂を犯した。警察沙汰になった。不祥事がマスコミに垂れ流れる。スキャンダルになり叩かれる。テレビ、ドラマ、映画、コンサートは、オールキャンセルになる。芸能プロの信用も収益も地に落ちる。社会の制裁は厳しい。経営危機に陥る。専属契約も破棄になる。アイドル生命も風前の灯火になる......。

 もちろん、自殺未遂直後の少女に辛辣な非難や手厳しい叱責だけが浴びせかけられたとは信じ難い。しかし、タレントは商品。商品価値がキズモノになれば、あっさりと切り捨てられるのは芸能界の常識だ。そのような重い現実を突きつけられるような差し迫った状況があったならどうか? 支えきれない失望感、押しつぶされそうな絶望感に苛まれ、いたたまれない衝動に駆られかもしれない。その挙句に、止むに止まれずに暴走した恐れは決して否定できないのではないか?

 繰り返すが、何ら根拠のない推定にすぎない。だが、自死に至った誘因は、以上の論考のどこかにに潜んでいるように見える。真相は岡田だけが知っているにしても。まだ18歳の少女。荷が重すぎたのではないか? 急ぐ理由はなかった。自分を振り返るまで待つ時間は十分にあった。燃え尽きるような熱愛の季節は必ず来ただろう。岡田の素直すぎたピュアな心が惜しまれてならない。

芸能界に入るのは私の夢を表現するためよ。カンヴァスが舞台に変わっただけよ!

 岡田有希子(佐藤佳代)。1967(昭和42)年8月22日、愛知県一宮市生まれ。愛称ユッコ。趣味は絵画。受賞や入賞も多い。

 名門、名古屋市立向陽高校に入学。1学期だけ通ったあと都内の堀越学園高校に転校。16歳。「スター誕生!」 で芸能界デビュー。「日本レコード大賞」最優秀新人賞など数々の賞を受賞。「第2の松田聖子」と騒がれる。

 死後、岡田の母が語った記事がある。岡田は、芸能界入りに猛反対する両親を説得する。

 「芸能界に入るのは私の夢を表現するためよ。カンヴァスが舞台に変わっただけよ!」

 パリの秋は肌寒いが、陽光はまばゆい。セーヌ川左岸。カルチエラタンを見下ろす丘に小さなアトリエ「ユッコ」がある。学生街、パンテオン、サン・ミシェル広場、サンジェルマン大通り、リュクサンブール庭園も朝霞の中に望める。オリーブの樹々が爽風に遊んでいる。

 あれから32年。50歳になった。ルノワール、シャガール、ピカソにも出逢えた。人生も絵筆も、もう急がない。ゆっくりと描きかけの自画像に走らせるに任せる。

 「ユッコはユッコ。佳代は佳代。幾つになってもね」

 衣装もフラッシュも喝采もいらない。絵筆とカンヴァスさえあれば。岡田有希子が18歳の「佐藤佳代」の素顔にいつしか帰っている。プライベートタイムに日がな浸りながら。自画像に満面の微笑みを讃えながら。
(文=佐藤博)

*参考:上之郷利昭『岡田有希子はなぜ死んだか』新森書房、『不可解な自殺をした者たち――岡田有希子』(芸能人犯罪 & 2012-09, p. 110)

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

バックナンバー「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」

関連記事(外部サイト)