米国でスマホ普及後に、中高生の自殺者が急増したとの調査結果が 自殺率は31%上昇 

記事まとめ

  • 米国の中2〜高3の男女計50万人超を対象に自殺念慮の経験とSNS利用状況を調査
  • その結果、中高生の自殺率は31%上昇しており、スマホの利用状況の上昇と一致する
  • スマホは依存症のどの対象物と比べても、アクセスが容易なことが原因とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております