スマホなどデジタル機器の利用時間が長ければ長いほど「幸せ」と感じる度数が低い傾向

記事まとめ

  • 「デジタル機器と幸福度の関係性」を探求した研究報告が『Emotion』に掲載された
  • デジタル機器の利用時間が長ければ長い層ほど「幸せ」と感じている度数が低くなる特徴
  • 1日当たりの利用時間が「1時間未満」の中高生たちが最も幸福度が高いことも判明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております