大酒飲みに若年性認知症のリスク 記憶障害、判断力の低下、妄想、幻覚などの症状

記事まとめ

  • 若年性認知症は65歳未満で発症する認知症の総称で、国内に4万人弱の患者がいる
  • この若年性認知症をアルコールの多量飲酒が発症させやすいという研究が発表されている
  • 若年性認知症の症状は、記憶障害、判断力の低下、妄想、幻覚、徘徊、失禁などがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております