西城秀樹さんが怠った水分補給の大事〜脳梗塞は夜間〜早朝、夏と冬に多い

「隠れ脳梗塞」50代2人に1人、40代3人に1人 急逝の西城秀樹さんも2度「脳梗塞」に

記事まとめ

  • 5月16日に急逝した西城秀樹さん(享年63)も、2度の「脳梗塞」に見舞われた
  • コメディアンの故・坂上二郎さん(享年69)も脳梗塞の徴候、腕の麻痺を体験記に残した
  • 「隠れ脳梗塞」の症例は40代で3人に1人、50代で2人に1人の割合で増えているという

西城秀樹さんが怠った水分補給の大事〜脳梗塞は夜間〜早朝、夏と冬に多い

西城秀樹さんが怠った水分補給の大事〜脳梗塞は夜間〜早朝、夏と冬に多い

西城秀樹は水分補給で延命できた?(写真はCD『GOLDEN☆BEST デラックス 西城秀樹 Original recording remastered』より)

 2度の「脳梗塞」に見舞われながらも過酷なリハビリを粘り強く行ない、還暦を超えても歌手活動を諦なかったものの、今年(2018年)5月16日に急逝した西城秀樹さん(享年63)。最期は「急性心不全」に倒れ、63年の短くも早すぎる生涯を閉じた。

 急逝の遠因となったのが、脳梗塞であったことは想像に難くない。生前の西城さんの罹患体験談を検証し、脳梗塞の徴候を重ねてみると、確かにそこには数々の典型例が読み取れる――。

西城さんに起きた脳梗塞の徴候

 まずは、ゆがんだり顔の片方だけが力なく下がってしまう「顔面の麻痺」。西城さん(当時48歳)は韓国公演中、最初の徴候を「どうにも疲れがとれず、口元が下がっていた」と語っている。

 また、脳梗塞でよく語られる「ことば」の問題についても、自宅の2階寝室から1階に降りる際、足元がもつれて転げ落ち、「その日のリハーサルも問題なくこなしたけれど、ろれつがおかしいというので、仕事を終えてから、かかりつけの病院に行った」と明かしている。

 脳梗塞の徴候には他にも、両腕を左右並行に上げても次第に片腕が力なく下がってしまう「腕の麻痺」などがある。

 この徴候を体験記で残しているのが、コメディアンの故・坂上二郎さん(享年69)。ゴルフ場でアイアンショットを打とうとした際、左手がクラブからぶらんと下がり、右手のみで懸命に挑んたが、その異様さに坂上さん自身が気づいてなかったという。

「隠れ脳梗塞」の症例は40代で3人に1人、50代で2人に1人

 西城さんの体験談に話を戻せば、再発して緊急入院した夜をこう語っている。

 「その晩、トイレに立とうとしたところ、ベッドから転げ落ちた。磁気共鳴画像装置(MRI)による検査で、血管が詰まっているのがわかった」

 このように脳梗塞とは、脳血管が閉塞または狭搾して脳虚血をきたすことで、脳組織が酸素や栄養の不足によって壊死(あるいは壊死に近い)状態になる疾患だ。

 しかも微小血管に脳梗塞が起こる初期段階では、ほとんど症状が出ない「隠れ脳梗塞」の症例が、40代で3人に1人、50代で2人に1人の割合で増えているという。

こまめな水分補給が疲労を救う

 当サイトの「(西城秀樹さんの訃報で振り返る〜ヘビースモーカーが招いた脳梗塞)」でも触れたとおり、健康に過信があった西城さんは「水を飲まずに入るサウナの常連」。おまけに「1日3箱以上のヘビースモーカー」だった。

 結果、2度の脳梗塞に見舞われ、苦い日々を悔いながら、常々「健康に自信がある人ほど、もう一度自分の生活や体にチェックしておくほうがいい」と推奨。繰り返していた助言は、「こまめに水を飲むこと」というものだった。

 現在、経口補水液のCMに出演中の所ジョージさんも罹患したとの報道もあり、近年は「熱中症の怖さ=水分補給の大切さ」という認識もずいぶん浸透してきた感がある。

 だが、体内の水分不足は、話題の脳梗塞のほかにも心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスク要因となることを、どれだけの人がご存じだろうか?

 「だるくて眠かった。すっきりしない状態が1カ月くらい続き、ある日サウナで脱水状態で発症した」(ラジオ番組で最初の発症前後を述懐した西城さんの談話)
 
 脳梗塞の発症で最も多い時間帯が「夜間から早朝にかけて」だという。就寝中のヒトは水分を採らないため、それが脱水傾向を生むと見られている。「水を飲まずに入るサウナの常連」だった西城さんは自ら、そんな悪状態を呼び込んでいたのではないだろうか。

20%の水分減で死に至る

 加えて編集部では、西城さんの最初の発症時期(6月)と再発の時期(12月)に注目した。というのも、脳梗塞の発症は年間を通じて、これからの季節、つまり「脱水を生む夏」と、意外にも対照的で「寒さから体を動かさなくなる冬」に多いからだ。

 厚生労働省が推奨する水分摂取量は、平均で1日当たり「2.5リットル」。よく「大きいほうのボトルを買ってきて!」などと言われるのが1リットル、外出時のコンビニで売れ筋なのが530〜555mlなので、何本飲むか考えれば、推奨量の多さがわかるはずだ。

 意識した途端に「1日に2.5リットルなんて飲めるのか!?」と思われるる方も多いだろう。だが、これまでの暮らしに「目覚めの1杯」と「寝る前の1杯」、つまりコップ2杯分の水飲み習慣を加えるだけでも、脱水症状や脳梗塞、心筋梗塞などの健康障害リスクは下げられるそうだ。

 汗をかいたら当然のこと、「起床後」「入浴(前)後」「就寝前」の習慣化を心がけよう。
 
 ちなみに、成人男性の場合は体の約60%、幼児の場合は約76%までが水分だ。そして体の水分が5%失われると「熱中症」や「脱水症状」が現われる。さらに10%失われると「循環不全」や「筋肉の痙攣」が......。20%の水分が失われると、もはやヒトは死に至る。

 「スマホより携帯しよう水筒を」――。これは第2回「健康のため水を飲もう川柳」(主催:「健康のため水を飲もう」推進委員会)の最優秀作品に選ばれた会社員・房稔さんの傑作。これからの季節、西城秀樹さんの助言「こまめに水を飲むこと」と一緒に、唇に記憶させておきたい標語だろう。

 喉の渇きを感じて(すでに脱水が起きて)からの水分補給では遅すぎる、ともいわれる。だが、「喉が渇いたからこそ飲む」という習慣をなかなか直せない方も少なくない。ならばメールチェックの度に飲んでみるのも、スマホ世代には一案かも。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)