見た目だけで判断するな! 梅雨に気をつける食中毒を防ぐ3つの方法とは?

見た目だけで判断するな! 梅雨に気をつける食中毒を防ぐ3つの方法とは?

「食中毒」を防ぐ3つの方法とは?(depositphotos.com)

 これからの梅雨の時期に心配となるのが調理における「食中毒」である。

 最近では、ウイルス性の食中毒の発生が年々増えており、一年を通じての食中毒対策が必要となっている。

 これから、だんだんと気温も高くなり、湿気も上がる高温多湿な時期は、食材が傷みやすくなり、細菌が繁殖しやすい環境のため「細菌性の食中毒」が増えてきている。

 いま話題の「作りおきおかず」も、見た目では分からない、食中毒が発生するレベルの菌が付着しているケースは少なくない。

 特に、この時期に気をつけたい食中毒の実例を知って、予防と対策を身につけていただきたい。

食中毒菌は見た目やニオイに変化ナシ!?

 共働きやDINKSなどにかぎらず、「作りおきおかず」を活用する家庭は多いのではないだろうか。
 
 ジョンソン株式会社が衛生微生物研究センターの監修の下に行った実験では、意外な事実が明らかになった――。

 作りおきをする際の調理器具(包丁・まな板・タッパー)に、食中毒リスクがある菌(黄色ブドウ球菌)が付着していたケースで長期保存したところ、初日には料理に食中毒が発生するレベルの菌が付着していることが判明。しかも7日間経過していても、見た目やニオイの変化は分からないという。

 食中毒菌は、見た目やニオイの変化がなくても注意が必要だ。

 今回、加熱調理をしていたとしても、その食材を菌がついたまな板の上や包丁で切ったり、菌のついたタッパーに保存したりすると、「作りおき料理」自体に菌が付着してしまう可能性がある。

 20〜40代の働く主婦1000人に行ったアンケートでは、食中毒対策として「時間が経ったものは思い切って捨てる」人は多いが、まな板・包丁・タッ パー等の調理器具を「除菌・殺菌」しているという人は10%未満と少ない。

自宅でできる食中毒対策方法

 この時期の適切な食中毒対策には、どのようなものがあるのだろうか?

 食材を加熱処理することも大事だが、「調理器具」への扱い方にも注意を払いたい。料理研究家の藤本なおよ氏は、食中毒対策のポイントを次のようにあげる。

●調理器具への食中毒対策

@ 加熱料理も要注意!保存のタイミングで再汚染の危険あり。

Aアルコール除菌剤を使うことで、調理器具を99%以上、除菌できる。

Bアルコール除菌剤は「使用直前」に「調理器具が乾いた状態」で吹きつけるのが最も効果的。

 「保存する容器や調理器具にも菌が付着していた場合、再汚染の危険性が高い。生のお肉や魚などを切ったまな板や包丁などの調理器具にも、細菌が付着しないよう食材を扱うたびにきれいに洗うことを徹底することも必要です」と藤本氏。

 さらに、「あまり一般家庭では頻繁に行われませんが、『アルコール除菌剤』や『煮沸消毒』をした場合は、じつに99%の菌が減少することが分かっています。特に『アルコール除菌剤』は使用前にサッと手軽に除菌ができるので、忙しい現代人にはオススメのグッズです」とのこと。

 また「Bは、調理器具が濡れた状態でアルコール除菌剤を使用すると、アルコールが水分で薄まり、除菌効果が低くなる可能性があります。ベストな使用方法はアルコール除菌剤を『使用直前』に『調理器具が乾いた状態』で吹き付けるのが最も効果的です」とのことである。

 そして最後に藤本氏は「忙しい現代人にとっては『作りおきおかず』が心強い味方になってくれるが、正しい『食中毒対策』を知ったうえで美味しい調理を心がけてほしいですね」とアドバイスする。
(文=編集部)

藤本なおよ(ふじもと・なおよ)
ローカーボ料理研究家。幼少期から身体が弱く、さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」の食事で克服。「人の身体と心は食事でできる」ことを伝えたいと思い、2014年、ローカーボ料理教室を開催。これまでに、ローカーボ料理研究家として2000名以上に指導。レシピ提供・企業のレシピ開発・セミナー講師などで活動中。著書に『世界一おいしいダイエット』(repicbook)。WEBサイト「ローカーボランド」

関連記事(外部サイト)