ゴリ押しカジノ法案への警告に? 『ど根性ガエルの娘』が描くギャンブル依存の父

ゴリ押しカジノ法案への警告に? 『ど根性ガエルの娘』が描くギャンブル依存の父

ギャンブル依存の父を描く、大月悠祐子『ど根性ガエルの娘』1〜4巻(白泉社)

 今年6月19日、衆院本会議で「カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案」が、自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決。参院に送られた。

 国会は7月22日まで32日間、会期を延長することが決定され、カジノ実施法案はこの会期内に成立する見込みとなっているが、野党は依然として反発を強めている。

 この法案で特に問題となっているのが、「カジノ事業者が利用者に賭け金を貸す制度」が盛り込まれている点だ。「特定金融業務」と呼ばれているこの制度は、一定の頭金をカジノに預け、審査が通れば、多額のギャンブル資金を、2ヶ月間は利息なしで借りられるという、とんでもない制度だ。

依存者はお金を借りてまで負けを取り返そうとする

 第三者による貸し付けを防ぐために、官僚が考えたシステムだというが、ギャンブルに熱中している人にお金を貸すという制度は、危険きわまりない。しかも、6月16日の朝日新聞によれば、このカジノでの借金は、借り入れを年収の3分の1までに制限する貸金業法の「総量規制」も適用されないという。

 負けが込めば込むほど異常な精神状態に陥り、お金を借り手でも取り返そうとするのが、ギャンブラーの習性だ。そんなギャンブル依存者に金を貸し付ける制度まで用意して、その人の人生を破綻させることへの責任は、いったい誰が取るのか。

 マカオのカジノでギャンブルをするためにファミリー企業から総額106億円を借り、特別背任容疑で有罪判決を受けた、大王製紙の井川意高・前会長も、マカオのカジノで負けた時に、ジャンケットと呼ばれる人たちから金を借りていた。数千万円、1億円という額を、利子なしで借りることができたと、井川氏は著書『溶ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』(幻冬舎文庫)の中で書いている。

 その井川氏が、ダイヤモンドオンライン(2018年4月10日付)に掲載されたインタビューで、今回のカジノ法案の賭け金貸し付け制度について、こんなふうに語っている。

 「カジノで地獄を見るのは、負けたときに現地でお金を借りるからなのです。/カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案の議論が進んでいますが、官僚も議員もカジノで遊んだことのない人が議論しているのは問題です」

 「カジノ狂いになった人間からすれば、数千円の入場料はどうかと思います。カジノに足を踏み入れた時点で入場料分の負けが発生しているわけですから、それを取り返そうと熱くなってしまう」(編集部註:原文から改行を省略)

 ギャンブルで100億以上もの借金を作った人物の話だけに、説得力がある。経済効果ばかりを口にする官僚や議員たちは、どれだけギャンブルの恐ろしさを分かっているのだろうか。

『ど根性ガエルの娘』ギャンブル依存の父を持つ家族の物語

 ギャンブル依存の恐ろしさを描いた小説や映画は、古今東西、枚挙にいとまがない。今回はそんな中から、ひとつの漫画作品を紹介しよう。漫画家・吉沢やすみの娘である大月悠祐子による漫画『ど根性ガエルの娘』である。

 『ど根性ガエル』という大ヒット作の作者である作者の父・吉沢やすみは、1982年、連載3本と読み切り10本の依頼を抱えながら、プレッシャーに心を壊し、突然失踪する。

 その間、吉沢は、所持金3万円を元手にギャンブルをして渡り歩いたが、最初は勝って勝ちまくったという。しかしそのお金もいずれはつき、街を放浪する生活に。音信不通となった家族のもとに戻ったのは、数ヶ月後のことだった。

 家庭に戻ってきてからも、吉沢は「ギャンブル依存症の父」そのものである。漫画家としての仕事はほとんどなくなり、時には清掃やガードマンの仕事をしていた。

 しかし『ど根性ガエル』のキャラクターがCMになってお金が入ったりすると、またすぐにギャンブルにつぎこんで、仕事もやめてしまうのだという。複数のカードを作って限度額いっぱいまでお金を借り、結局、妻がその借金を肩代わりしたこともあった。

ギャンブル依存の父の赤裸々な姿と深刻な葛藤

 『ど根性ガエルの娘』は、まだ1巻までは「家族の再生の物語」という美談風にまとめられていた。しかし、2巻以降は「家族で起こっていたことを正直に描きたい」という作者の思いから、さらにディープな「家族の愛憎の物語」となっている。

 いい話に収めたい版元との意見の相違もあったようで、現在は当初刊行されていたのとは別の出版社より刊行されている。

 この漫画は、子どもの財布からもお金を盗むという、ギャンブル依存の父を持った家族の地獄絵図の物語であると同時に、それでも家族であることをやめなかった愛の物語としての側面も持っている。

 自分と同じ漫画家という道を選んだ娘に対し、「自分のことを好きに描いていい」という吉沢は、孫と遊び、家族のためにカレーを作る人間味あふれる父親だ。

 しかし結局、吉沢はその後もついに雀荘通いをやめることはなく、2016年、雀荘で牌を持ったまま脳卒中で倒れ、緊急入院する――。

 いまは懸命のリハビリ中であることが『ど根性ガエルの娘』にも描かれているが、娘の大月悠祐子は、そんな父の赤裸々な姿とともに、父娘の長年の深刻な葛藤も描き続けていくようだ。

 さて、いま国会で審議されているカジノ法案――。入場料6000円や入場は1週間に3回までといった規制を設けるとうたっているが、ギャンブル資金の公的貸し付け制度まで用意するのだから、依存症の火に油を注ぐことは明白だ。これ以上不幸な家庭を増やさないためにも、いまからでも真剣に法案の是非を考え直すべきである。
(文=里中高志)

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志(さとなか・たかし)
精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

関連記事(外部サイト)