VAR判定がサッカーの主役に? ワールドカップ・ロシア大会で課題が山積

W杯ロシア大会で「ビデオ・アシスタント・レフェリー」 大会通算PK数は歴代最多に

記事まとめ

  • VARこと「ビデオ・アシスタント・レフェリー」は誤審削減が目的のビデオ判定システム
  • ビデオ映像上でも審判への悪罵発言を確認したロナウドの抗議でも主審の判定は警告のみ
  • VARで判定が覆され試合展開が急変したり、審判の見逃し場面に相手監督が不服を主張も

VAR判定がサッカーの主役に? ワールドカップ・ロシア大会で課題が山積

VAR判定がサッカーの主役に? ワールドカップ・ロシア大会で課題が山積

VTR導入でファウル判定が増加(depositphotos.com)

 かりにワールドカップ(W杯)を映画に喩えるならば、今ロシア大会の助演男優賞は間違いなく、略称VARこと「ビデオ・アシスタント・レフェリー」がその栄冠に輝くだろう。

 話題のVARは、得点シーンやレッドカード(一発退場処分)などの誤審削減を狙ったビデオ判定システム。

 W杯での導入は今回からだが、その効果は絶大で、グループB最終戦のポルトガル対イラン(現地時間6月25日)における2回のビデオ判定で早くも大会通算PK数「20」をカウントし、歴代最多を更新してしまった。

また、同試合を含め、90分間で2本以上のPKが与えられた例が今大会だけでも計4度あるのもVAR効果の証左だろう。導入反対派の代表的意見としては「試合の流れを損ねる」との見方がある。

 だが、主審協会の見解によれば、「審判団は従来もビデオ判定なしで95%のファウルを判定してきたが、今大会のVTR導入でその数字が99.3%に伸びた」という。

 VTRは、主審の判定が「誤り」と判断された場合、映像副審が誤審を申告できる制度。主審自身も自ら映像を見直して再判定ができる(=手で画面の四角を表わすポーズがそれの意味)。

W杯の名脇役、VARも課題あり

 が、チュニジアとの初戦(同6月18日)においてイングランドのFWハリー・ケインが2度も激しく地面に倒されながら、お咎めなしだった点を「VTRスタジオ内のブラジル人審判が関与しないのに失望を覚えた」と、著名な国際審判OBが苦言を呈した。

 彼の主張は、「審判とVTR要員の両方とが話すべき」という課題への改善案だ。

 あるいは誤審激減の一方、ビデオ映像上でも審判への悪罵発言が確認できるポルトガル代表FWのC.ロナウドの猛抗議シーンでも、主審の判定はイエローカードのみ。これを確認した国際主審OBからは「FIFA(国際サッカー連盟)は自らの権威を示す大きな機会を逃した...」と不満を表明した。

 世界のスーパースター(の圧倒的存在感)に対する判定時はさすがのVARも出る幕なしというわけか――それは言い過ぎにしても、話題のVAR判定に関して、たいへん気になる論文を掲載しているのが、『Cognitive Research: Principles and Implicantions』(6月11日オンライ版)だ。

 なんでもルーヴェン・カトリック大学(=奇しくも日本代表が惜敗したベルギー国内の大学)のJochim Spitz氏らの研究報告によれば、ビデオ判定映像の「再生速度」に応じて、審判の「ファウル判定」が変わる可能性が示唆されたというではないか。

 Spitz氏らの研究に際しては、5カ国のベテラン審判88人の被験協力を仰いだ。その全員に、国際試合においてファウルと判定された60例の場面映像を鑑賞してもらい、各自の再判定結果を問うた。

再判定の素材については、全員に@通常速度による再生映像/Aスロー再生の映像との両方を観てもらい、再生速度が判定に及ぼす影響の違いを検証した。

結果、選手の行為をAのスロー再生映像で判定した場合、審判陣は総じて「より厳しいペナルティーを科す傾向にある」共通点が読み取れた。もっとも、ファウルかどうかの判定精度自体においては、@の通常速度時で61%、Aで63%程度の僅差と有意な差は認められなかった。

人間の感情は裁けない?

 むしろ問題(=課題)は、各自の印象や心象の相違というべきか――あるファウルがはたして「意図的なもの」であるかどうかに関しては、@よりもAを用いての判定時において「レッドカード」を下す確率が明らかに高かった。

 Spitz氏らの解析見解はこうだ。

 「再生速度によって、選手の反則が不用意なものと判定されてのお咎めカードなしか、無謀なファウルと裁定されてのイエローカードか。あるいはそれ以上に過剰な意図的力で犯したレッド級の退場行為か、その判定度も再生速度によって左右される」

 さらに研究陣は今回の「タイムリーな研究結果」を踏まえ、「この再生速度に応じた相違点こそが今後、VARのガイドライン作成の際に考慮されるべき重要なポイントとなるだろう」と強調する。

 彼らが挙げるスロー再生映像による詳細な判定の利点はこうだ。はたして「誰が反則をしたのか」「実際に接触があったのか」「ファウルはペナルティエリア内であったのかどうか」、敵・味方双方が主張/抗議する以上のような点についてスロー再生(映像)は明確な判断を促す有用な可能性を秘めている。

 が、反面、当該選手が「意図的な反則したのかどうか」など、コトが人間の感情面の判定になると話は別次元となるようだ。

 Spitz氏は法廷での例を挙げて、「スロー再生の映像は意図的であるとの印象を強めてしまう。ゆえにその手の映像は法廷上の証拠として採用されないわけです」と説明した。

 いずれにせよ、VARで判定が覆されて試合の流れが急変したり、審判の見逃し場面に相手側監督が「VARも宝の持ち腐れ!」と試合後も不服を申し立てたりと、何かと耳目を集めた新導入システム。

 明らかなのはこのVAR導入の効果によって、いまだ伝説として語り継がれるディエゴ・マラドーナやティエリ・アンリの「神の手」得点場面も、今後は無効判定されてしまうだろうという点だ。多少の淋しさを覚えるのも、ヒトの感情の正体かもしれない。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)