FANTASTICS・中尾翔太さん、22歳で亡くなる〜死因は「スキルス胃がん」か?

FANTASTICS・中尾翔太さん、22歳で亡くなる〜死因は「スキルス胃がん」か?

22歳で亡くなった「EXILE TRIBE」所属の中尾翔太さん(画像は所属事務所による公式プロフィールより)

 「EXILE TRIBE」に属するパフォーマー集団「FANTASTICS」のメンバー、中尾翔太さんが7月6日、胃がんのために亡くなったと報じられた。まだ22歳の若さだった。

 中尾さんは今年3月、胃がん治療に専念するために活動休止を公表していた。それからわずか4カ月後の訃報に、多くのファンや関係者が悲しみに暮れているだろう。

中尾さんはスキルス胃がんだった?

 胃がんは部位別死亡数で、男性では2位、女性では4位、全体では3位と、「死亡数が多いがん」だ(2016年厚生労働省人口動態統計による)。

 ただし近年、胃がんによる死亡率は、他のがんに比べて大きく減少している。これは、胃がんリスクを上げるピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の感染率の低下や、高塩分食品の摂取が減ったことなどが要因とされている。

 胃がんは、加齢とともに発症率や死亡率が高くなり、若年層にほとんど見られない。中尾さんのように20代で胃がんで亡くなるのはまれなケースだ。厚生労働省のがん検診指針でも、肺がんや乳がん、大腸がんは「40歳以上」に検診が推奨されているのに対して、胃がんは「50歳以上」と年齢が高く設定されている。

 ただし、胃がんの中でも、しばしば若年層にも発症し、進行が早いために治療が非常に難しい、やっかいながんがある。「スキルス胃がん」だ。

 中尾さんも、胃がん治療のための活動休止が公表された後、激やせした写真を見たファンから「進行が早いのでは?」「スキルス胃がんではないか?」との憶測がネットでは囁かれていた。

 スキルス胃がんは、胃がん全体の1割前後とされる。胃がんの多くは、がん細胞が塊を作り、一部にまとまって増殖していく。しかし、スキルス胃がんは塊を作らず、バラバラに広がっていく性質があり、胃の壁の中をしみこむようにがん細胞が浸潤していく。
 
 胃粘膜の表面にあまり変化が現れないため、内視鏡検査での発見が難しく、腹膜播種(腹腔内にがん細胞がばら撒かれるように飛び火する)という特徴的な転移の仕方をする。

 スキルス胃がんと診断がついた時点で、すでに「がん転移」していることが多く、切除による摘出が困難で、治療予後がきわめて悪い。中尾さんの胃がんの種類については公表されていないが、発症年齢からスキルス胃がんであった可能性も否めないだろう。

日本人が保有するピロリ菌は発がん性が高い

 胃がんの発症には、「ピロリ菌」の感染が大きく関与している。WHO(世界保健機関)は、世界の胃がん患者の80%でピロリ菌が陽性だと推計している。日本人に限っていえば、胃がん患者のほぼ99%がピロリ菌陽性とされる。

 実は日本人は、先進国の中ではピロリ菌の保有率が高い。ピロリ菌の主な感染ルートは「水」とされ、上下水道の整備が行き届いていなかった時代の感染が多かった。

 50代以上の日本人の感染率は約50%。水道が整った40代より若い世代では感染率は低くなり、20代では10%、10代では2%まで低下している。

 もう一つ、我々がピロリ菌に気をつけるべき理由がある。同じピロリ菌でも、欧米人と比べ日本人の保有するピロリ菌は、発がん性が高いことがわかってきた。

 ピロリ菌は胃粘膜にすみつく病原細菌で、胃潰瘍や萎縮性胃炎を引き起こす。加えて、近年の研究から、ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるタンパク質が胃細胞に侵入し、「SHP2」という酵素と結びついて、この酵素が異常に活性化し、細胞のがん化を促進することが判明した。

 そして、日本人の胃にいるピロリ菌は、欧米型ピロリ菌と比べて、タンパク質CagAが酵素SHP2と結びつきやすい構造をしていることが判明している。

 だからこそ、日本人はピロリ菌を除菌し、胃がん発症のリスクを低下させるべきだと、専門家は口を揃えて言う。ピロリ菌の除去によって、胃がんの発症リスクは3分の1から3分の2程度に減らせると言われている。

ピロリ菌検査は10代から受けるべき

 胃がん検診は現在50歳以上に推奨されているが、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査は10代から行ったほうがよいという考え方も出てきている。

 実際に、佐賀県は全国に先駆けて、2016年から中学3年生を対象にしたピロリ菌感染の検査を実施した。その結果、検査を受けた6953人中、約3.5%にあたる247人が陽性だったことが判明した。陽性が判明した生徒の多くは、除菌治療を受けたという。

 今後、こうした取り組みが広がることによって、若くして胃がんで亡くなるという悲劇がなくなることを期待したい。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)