ついにAI搭載のマッサージチェア登場!? 進化を続けるマッサージ機の賢い選び方

ついにAI搭載のマッサージチェア登場!? 進化を続けるマッサージ機の賢い選び方

業界初、「トリプルメカ」搭載「サイバーリラックス マッサージチェア AS-790」2118年7月発売

 世界で初めてマッサージチェアの量産化に成功した「フジ医療器」。1954年の創業以来、様々なヒット商品を発表し、2007年にはマッサージチェア市場でシェアNO.1の座にのぼりつめた。

 商品開発の過程では様々な工夫を凝らし、よりよいマッサージチェアを生み出すために、社内に「マッサージチェアマイスター」や「マッサージチェアソムリエ」といった部署や人材を採用。開発プロセスに強いこだわりを持っている。

 そんなフジ医療器で企画部門の責任者であるマッサージ機器事業部の大出健太郎氏と営業本部マーケティング部の一井麻子氏に商品開発へのこだわりなどを聞いてきた。

「マッサージチェアマイスター」の役割とは?

 大出氏いわく「1年か2年でモデルチェンジしていく」というマッサージチェア業界。

 同社では、温風で背中を温める機能を設置したり、新しい機能を増やす反面、従来のマッサージ機能に対し、「揉み」「叩き」の強さやスピードの緩急をコントロールし、人間の手によるマッサージに近い商品を開発しようと「マッサージチェアマイスター」を採用。商品の使い心地のよさを追求している。

 マッサージチェアマイスターはマッサージチェアに座り、実際に商品の揉み心地を体感し、「気持ちいい」と感じるまでそれを調整する役割を担う。そのマイスターをサポートするために「マイスターチーム」を結成している。

 一井氏はこのマイスターチームについて、「現在、社内でメンバーは10人。マッサージチェアの揉みの速度をもっとゆっくりにしたほうが痛みが少ないとか、メカユニットが出来上がった時にその調整に3カ月くらいの時間を要するんですが、その調整をしてもらったりしています」と紹介する。

 マッサージはその人の体型によって「揉み」の強弱など、理想の力加減が違う。だからマイスターチームも、男女はもちろん、やせ型、肥満型など様々な体型の人を集め、モニタリングによって得る情報の幅を増やそうと努力している。

マッサージの感触を人の手に近づけるのが究極の目標

 「人がマッサージをする場合は、その人の体型を見ながらオンリーワンのマッサージをしてもらえる。でも、マッサージ機の場合は、そこが機械なのですごく難しい。例えば5という力で揉んでいたら痛いという人もいれば、そうでない人もいるんです」と大出氏。

 「それぞれの人の体の事情に合わせることができるのが、弊社のマッサージチェアの強み。体感の部分で心地よさを実現できているからこそ、この業界でずっとやってこれたんです」と、この取組の成果にも自信を覗かせる。

 同様に、実際のマッサージ師のやっていることや、マッサージ業界の最新のトレンドも意識するといい、「今だと肩甲骨をとか、マッサージ業界の最新情報を、極力反映させようと思っているんです。外国のマッサージトレンドも調べたりします。例えば、ハワイの水に浮きながらマッサージを行う手法とか」と大出氏。

 そして、「マッサージ師の力加減も参考にしています」とのことで、「マッサージの感触を人の手に近づけるのが究極の目標」と話してくれた。

 一方、「人の手ではできないことを目指すことも重要視しています」と述べ、「例えば、肩を挟んで足をグッと引っ張るとか、一人ではできないこともマッサージチェアを使ってならできたりするんです」とマッサージチェアならではの機能にも目を向ける。

自分に合ったマッサージチェアの選び方

 実際に自分たちがマッサージチェアを買う時は、どんなポイントに着眼して商品を選べばいいのだろう?

 大出氏は「一番は自分の体に合うかどうか」と、そのポイントを説明する。「乗った時の気持ちよさがすごく重要な要素なんです。というのも、効果が出る椅子であっても、マッサージをされてみて痛いとなると、もうそのマッサージチェアを使わなくなる傾向があるので」とマッサージチェアを購入する人の心理を分析する。

 「5年とか10年使うものですし、強弱の調整ができるもの、自動コースのバリエーション、体形検知機能の有無などから選んで、かつ自分の体に合ったものを使うのがいいです。今は気持ちいいけど、5年後は体も衰えてきて快適ではなくなった、なんてこともあるんです。将来のことも考えて、ゆったりしたものを選ぶとか、そういうことも考慮して買うのがいいと思います」

 マッサージチェアを購入しても、その使い方にも注意しなければならない。これについて一井氏は「使うのに適したタイミングで使って欲しいです」と力を込める。

 快適な使い方の目安は「1日30分」。「肩を集中的にマッサージしたい時でも、『5分までにしてください』とか、揉み過ぎの注意を利用者にはうながしています」という。

 血行の良い状態での使用も避けたほうがいいとのことで、「食後すぐとかはダメ。アルコールを飲んだ後ももちろんです」と使用上の注意点を説明してくれた。

変貌していくマッサージチェア業界

 時代が変わり、マッサージチェアも通信販売で買う人が増えた。だが、それゆえに、「家に届いたら思ったより大きかった」「エアーバッグの空気が抜ける音が思ったよりうるさい」などなど、これまでになかったような意見が寄せられるようになった。

 同社では、実際に商品の良さを自分で確かめてもらおうと、都内にショールームを設置。利用者がどうすれば満足してくれるのかを追求する日々が続く。

 インターネットが普及し、スマート化が計られる中、商品のIT化も進む。AI搭載のマッサージチェアが市場に登場する日はそう遠くない未来かもしれない。大出氏自身も「IT化は避けられない」と展望を明かす。

 フジ医療器の目標は「マッサージチェアを一家に一台」。大出氏と一井氏は理想のマッサージチェア選びについて改めて「体に合うマッサージ機がいいマッサージ機。強弱の調整の幅が広いマッサージチェアがいいと思います」と提言する。

 家庭用マッサージチェアが普及したとはいえ、まだまだ販売面で伸びしろはあると考えているといい、大出氏は「マッサージチェアに関しては、使ったことのない人にこそ、今後どんどん使って欲しいと思っているんです」と話す。

「使えば良さのわかるものなのは間違いないです。一度でもマッサージチェアのある生活を過ごしてもらえれば、その後マッサージチェアを手放せなくなる人が増えていくと思います。だからこそ、自分に合ったマッサージチェアに出合って欲しいし、わたしたちも努力していかなければいけない」とする。
(取材・文=名鹿祥史)

関連記事(外部サイト)