サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピ

サバ缶で痩せる!? 話題のサバ煮缶を使った簡単なローカーボ・レシピ

テレビで「サバ缶で痩せる」が取り上げられ人気に(depositphotos.com)

 テレビ番組で「サバ缶で痩せる」という話題が取り上げられ、現在、サバ缶の売り上げは前年に比べて3〜5割増になっているそうです。

 サバ缶は低糖質で、しかも栄養満点な商品。まさにダイエットにオススメの優等生。値ごろ感もあって、コンビニやスーパーでも手軽に購入できるので、「ローカーボ(糖質制限)」生活に取り入れない手はありません。

サバ缶でなぜ痩せる?

 サバ缶の魅力のひとつは、その安さ。ローカーボ(糖質制限)では、タンパク質や脂質を中心としたメニューとなるので、上手な食材選びも長く続けるためのコツといえます。

 サバ缶なら1缶100円前後。「ローカーボ・メニューは食費がかかる」という課題もクリアしてくれる優秀な商品です。長期的には漁獲量は減っていますが、サケやサンマに比べて安定していて、手頃な価格が魅力です。

 そして、サバは「青魚の王様」と呼ばれているくらい栄養価の高い魚です。ヒトの体内ではほとんど作れない、必須脂肪酸の「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」を豊富に含みます。

 DHAやEPAは、脳の神経伝達を再生し、記憶力・注意力・判断力を維持する働きがあるといわれています。EPAには、「GLP-1」という別名「痩せホルモン」を出す働きや食欲の増加を抑える働きがあるため、ダイエットフードとしてもオススメなのです。

 「ローカーボ」「低糖質」と観点からも、サバ缶はほとんど糖質はありません。コンビニでも購入できる手軽さから、サラダチキンの次にサバ缶ブームが到来するかもしれません。

 できれば、より低糖質なサバ缶を選ぶなら、味噌煮よりも水煮缶を使ったほうがいいですね。そんな優れた食材を用いて、手軽にできる簡単レシピ、忙しい日のお弁当にレシピをご紹介します。

一工夫で大変身! サバ缶の超簡単レシピ

 サバ缶レシピは、「味のバリエーションを豊かに」「簡単に調理」がポイントです。そのままでも食べられますが、ほかの食材と和えたり、味付けに一工夫するだけで、まったく違ったメニューとなりレパートリーも増えます。

「お弁当にもオススメ!サバカレー炒め」

●材料(2人分)
○サバ水煮缶...............1缶
○ピーマン...............2個
○カレー粉(A)......小さじ1
○しょうゆ(A)............小さじ1
○塩コショウ(A).........少々

●作り方
@ピーマンは縦半分に切り、種を取り除き、横にして1cm幅に切る。サバ缶の水気を切る。
Aフライパンに油(分量外)をひき、ピーマンを炒めたらサバ缶と(A)を加えて水気がなくなるまで炒める。

●ポイント
お弁当にもマッチする、カレー味のサバとピーマンの炒め物。冷蔵庫で3日保存でき、作り置きにもってこいです。

「超簡単!サバキムチのおつまみ」

●材料(2人分)
○サバ水煮缶...............1缶
○キムチ..................50g
○韓国のり...............3枚
○白ごま・しょうゆ.........少々

●作り方
@サバ缶の水気を切り、ボウルにいれ、キムチ、白ごま、しょうゆを入れてよく和える。
Aのりをちぎって加え、器に盛る。

●ポイント
さっとできる超簡単なおつまみ。のりや大葉、スライスした大根に巻いてアレンジを楽しんでみてください。
(文=藤本なおよ)


藤本なおよ(ふじもと・なおよ)
ローカーボ料理研究家。幼少期から身体が弱く、さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」の食事で克服。「人の身体と心は食事でできる」ことを伝えたいと思い、2014年、ローカーボ料理教室を開催。これまでに、ローカーボ料理研究家として2000名以上に指導。レシピ提供・企業のレシピ開発・セミナー講師などで活動中。著書に『世界一おいしいダイエット』(repicbook)。WEBサイト「ローカーボランド」