結城アンナや島田順子......グレイヘアが流行中! 似合うのは白髪が3割になってから?

結城アンナや島田順子......グレイヘアが流行中! 似合うのは白髪が3割になってから?

グレイヘアは髪全体の30%が白髪になるまで待て!(depositphotos.com)

 白髪を染めないグレイヘアが、大人女性の間で注目を集めています。「白髪スタイルは老化の象徴」と思われた時代と違い、あえて白髪染めを卒業する女性たち。

 とはいえ、果たしてこれ、日本人にも似合うのでしょうか......。美しいグレイヘアのためのアレコレ、まとめてみました。

グレイヘアのブームは60代や70代だけじゃない

 最近になって、グレイヘアだけを特集するヘアカタログが発売されたり、有名人がグレイヘア宣言をするなど、ネガティブな印象だった白髪を逆にチャームポイントにしたヘアスタイルが話題となっています。

 このブームのアイコンともいえる女性がモデルでタレントの結城アンナさんとファッションデザイナーの島田順子さん。白髪ヘアをラフにまとめた姿は、潔さや凛とした生き方が感じられ、「60代や70代でもおしゃれにかっこよく人生を楽しめる!」と、多くの女性に自信を与えてくれています。

 そんな中、30代後半や40代にも、このグレイヘアに注目する人たちが急増しています。最近話題となったのは、東日本大震災を契機に白髪を染めなくなった近藤サトさん。また、あえてグレイシルバーに染めている梅宮アンナさんなど、「まだ早くない?」と思われる人たちも現れだしました。

グレイ選択の裏には切実な40代の髪ダメージ!?

 40代にグレイヘアが注目されるようになったのは、繰り返しの白髪染めによるヘアダメージが最たる原因です。

 ここ10年、40代でもロングヘアをキープする人が増加しました。ショートヘアに比べて白髪が目立つミディアムやロングヘアは、頻繁にヘアカラーや白髪染めを行う必要がある一方、同時にダメージが加速するため、結局はきれいなヘアスタイルをキープできなくなり、「いっそのことグレイにしちゃえ!」と考える人が増えたようです。

 またオーガニック化粧品のブームから、自然派美容を好む人の間で染めない選択をする人も増加。どちらにせよ、おしゃれ感度の高い人の中で注目されたのがブームのきっかけといえるでしょう。

 とはいえ、実はリスクも多いのがグレイヘア。油断すれば、すぐに「疲れたおばさん風」に成り下がってしまう恐れが!

 そこで、グレイヘアにおける注意点をまとめました。

グレイヘアの3つの注意点

●髪全体の30%が白髪になるまで行動しない

 「白髪が増えてきた」という理由だけでグレイへ移行するのは時期尚早です。早すぎるグレイへの移行は、見た目を必要以上に老けて見せますし、ただのズボラなおばさん風......。チラホラ程度なら、きちんと染めて、髪全体の30%程度まで白髪が生えたら移行を考えましょう。

●白髪を生かすならショートスタイルに。長さを残すならミディアムまでのまとめ髪に!

 白髪そのものは、1本の毛の長さが「短い」ほうが清潔感が出せます。ロングは避け、伸ばしても肩ぐらいまでに。まとめられる人は、ざっくりまとめ髪にすると、今っぽさが演出できます。いずれもペタンとさせると老けて見えるので、ふんわり感を意識して。

●白髪移行の期間は、あえて明るく染めるのが正解

 グレイヘアが30%程度になっても、まだ黒髪部分が多いために、あまり美しく見えません。白と黒のコントラストが強いと全体が錆びて見えますから、この時期は黒髪部分にハイライトを入れて明るさを出すと白髪となじみ、全体が美しい髪色に。ダメージ毛の人は、こまめにカットしながら行いましょう。

難度の高いグレイヘア〜決断するならオシャレは抜かりなく!

 グレイヘアが美しく決まっている方たちは、人なみ以上にセンスがよく、ファッションやメイクで自分らしさをきちんと主張できているという共通点があります。

 「面倒だから白髪でいいや......」「染めるのが嫌だから、白髪ヘアにしてみよっと......」なんて軽い気持ちでグレイをチョイスするのは、かなり危険。自分は楽でも、他人からは、ただのズボラに見えてしまいます。大人女性こそ、清潔感を大事にしたいですよね。

 グレイを選択する女性の多いパリやミラノのマダムも、総じてハイセンスの方たち。白シャツや細身のジーンズ、上質なニットや上品なジュエリーなど、日常的に今っぽいおしゃれを取り入れることで、はじめてグレイヘアがかっこよく見えるのです。

 メイクも同様で、グレイヘアにスッピン風はミスマッチ。ファンデーションで肌を整え、赤リップを引く、アイラインやマスカラで線のメイクを取り入れるなど、手を掛けた感じで顔を引き締めてあげることがとても重要です。

 実は、簡単なようで簡単にはいかないグレイヘア。40代などまだまだ若い世代では顔の印象が白髪に馴染まず、アンバランスな印象にもなりやすいので、50代に突入してからの楽しみにするのが個人的にはおすすめです。
(文=小澤佐知子)

小澤佐知子(おざわ・さちこ)
美容ライター。小学館や学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材・執筆を行う。現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外にWebサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

関連記事(外部サイト)