カフェインによる自殺企図が若者に蔓延 濫用等の恐れのある医薬品に指定される可能性

記事まとめ

  • 鎮痛解熱薬などに含まれるカフェインによる急性中毒患者は、若者中心に増加傾向にある
  • 青少年の大量服用による自殺企図者が多数認められ、致死量を確認し実行に及ぶ例も存在
  • 14歳女児が自殺企図したケースもあり、市販カフェイン薬を複数回に分けて購入していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております