江戸っ子ネコなのニャ!…歌川国芳の「猫飼好五十三疋」を意匠化した「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」

江戸っ子ネコなのニャ!…歌川国芳の「猫飼好五十三疋」を意匠化した「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」

歌川国芳の「猫飼好五十三疋」を意匠化した「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」

「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」が、「印鑑はんこSHOPハンコズ」から販売開始された。

「猫飼好五十三疋」とは、生涯をとおしてネコを愛したことで知られる江戸時代の浮世絵師・歌川国芳による1848年頃の作品。東海道五十三次の宿場名をもじった名前の55匹の猫が描かれている。

「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」は、その「猫飼好五十三疋」に登場する猫を意匠化したスタンプ。メモなどに押せば、江戸っ子ネコがあなたに代わって気持ちを伝えてくれる。

イラストは全40種類から1つ選択可能。「合点承知」「てやんでいっべらぼうめぇ!」など、江戸っ子風のセリフがイラストに添えらた。

速乾性インクと木製スタンプのセットで価格は1,000円。「印鑑はんこSHOPハンコズ」のオンラインショップで購入できる。

「印鑑はんこSHOPハンコズ」はまた、LINEやFacebookなどのSNSで使用できる「五十三疋のねこずかん コミュニケーションスタンプ」のSNS用スタンプも発売している。こちらは40種類入りで350円で販売されている。

関連記事(外部サイト)