河野防衛相「黙って巨人を日本シリーズに出せ」 CS不要論、今年も

河野防衛相「黙って巨人を日本シリーズに出せ」 CS不要論、今年も

河野防衛相「黙って巨人を日本シリーズに出せ」 CS不要論、今年もの画像

プロ野球のセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第3戦が2019年10月7日、それぞれ行われた。セ・リーグは阪神がDeNAを2−1で破り、パ・リーグはソフトバンクが楽天を2−1で下し、阪神とソフトバンクがファイナルステージ進出を決めた。セ・パともに10月9日からファイナルステージが行われ、セは巨人−阪神、パは西武−ソフトバンクが日本シリーズ進出へ向けて激突する。

セ・リーグは、リーグ3位の阪神が1勝1敗のタイから2位DeNAを破り「下剋上」でファイナルステージに進出。一方のパ・リーグは、リーグ2位のソフトバンクが3位の楽天を撃破し「順当」にコマを進めた。セ・リーグは1位と3位のファイナルステージとなり、3位阪神が巨人を下せば、2017年のDeNA以来となるリーグ3位のチームが日本シリーズ進出となる。

CS主催球団には大きなメリットが

昨年は、パ・リーグ2位のソフトバンクが日本シリーズで広島を4勝1敗1分で破り「下剋上」を成し遂げた。リーグ2位のチームが日本一の称号を得たことで、一部ファンや関係者からはCSを巡る論争が。ポストシーズンの季節になると毎年のように起こる「CS論争」だが、CSに関してはファンの間でも賛否両論ある。

CSは2007年に導入され、今年で13度目の開催となる。レギュラーシーズンの2位と3位のチームがファーストステージ(3試合制)で対戦し、勝ち残ったチームがファイナルステージ(6試合制)でリーグ優勝チームに挑む。そしてその勝利チームが日本シリーズの出場権を得る。野球ファンには今やおなじみのシステムとなっている。

レギュラーシーズン同様に、CSはホームチームが主催する。日本野球機構(NPB)主催の日本シリーズと異なり、CS主催のチームは入場料やグッズ販売、球場内での飲食など億単位の収入が見込めるといわれている。また、CSが存在することでレギュラーシーズン終盤までCS争いが展開され、球団にとって消化試合が減少するというメリットがある。

「俺はクライマックスシリーズは嫌いだ。」

レギュラーシーズンで優勝を逃したチームにとってCSは「下剋上」のチャンスであり、これを楽しみにしている野球ファンも多い。一方で根強いのが「CS不要論」である。野球ファンのみならず、球界OBをはじめとする野球関係者からCSの存在そのものを疑問視する声は絶えない。

自民党・河野太郎防衛大臣もCS否定派のひとりだ。河野大臣は10月5日、自身のツイッターを更新し、ツイッターユーザーからの「#河野太郎 さんはCS、明日の阪神とDeNAどっちが勝つと思いますか?」との質問に次のように答えている。

「俺はクライマックスシリーズは嫌いだ。黙って巨人を日本シリーズに出せ。」

CSのシステムに関しては賛否が分かれるものの、注目度は高く、ファンは大いに盛り上がっているのも事実。昨年のCSファイナルステージ第3戦、広島VS巨人戦(2018年10月19日・マツダスタジアム)は広島テレビ(日本テレビ系)が放送し広島地区で平均視聴率49.1%(ビデオリサーチ調べ)を記録したほど。今後も「CS論争」は尽きることがなさそうだが、プロ野球ファンにとって「熱い季節」であることに変わりないだろう。