20代に急増中の「スマホ老眼」、1日3分で改善する方法とは?

20代に急増中の「スマホ老眼」、1日3分で改善する方法とは?

20代に急増中の「スマホ老眼」、1日3分で改善する方法とは?

あなたは「スマホ老眼」を知っていますか?

これは、スマホの画面を長時間見続け、目を酷使することによって起こるピント調節機能障害のことを指すもので、いま、20代から30代にかけての若い人たちのなかに急増しているといいます。

最近、「ピントが合わない」、「小さい文字が見えない」、「最近、目が悪くなった」などといった症状が見られるようなら要注意。スマホ老眼になっている可能性があります。

昨年9月に発売され、累計16万部を突破した『日めくり まいにち、眼トレ』(扶桑社刊)は、スマホ老眼によって引き起こされる近視・遠視・老眼を、1日たった3分で改善できるトレーニング、その名も「眼トレ」が紹介されています。

その一つが、「グー・パーまばたき」。この眼トレをすることで、目のあたりの血流がよくなり、目の下のクマもとれるといいます。

本書では、こうした眼トレの他にも、ピント合わせに効果抜群の“3点寄り目カード”、老眼度を測れる“近見視力表”などがついています。

目に少しでも不安があるなら、一度、手に取ってみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)