夫婦関係に亀裂が入る原因にも 妻を苛立たせる夫の行動3つ

夫婦関係に亀裂が入る原因にも 妻を苛立たせる夫の行動3つ

夫婦関係に亀裂が入る原因にも 妻を苛立たせる夫の行動3つ

「うちの奥さん、昔は優しかったのに最近怒りっぽくて…」
「どこに怒るポイントがあるのかよく分からないんだよね」

こんな言葉を、結婚した男性からよく聞きます。
これは一体なぜなのか。

『なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか』(石蔵文信著、幻冬舎刊)は『夫源病』などを執筆した著者が、悩める夫たちへアドバイスをおくる一冊です。

夫と妻の考え方や価値観の違いは、異性同士なのだから当然あるものです。だからこそ、お互いをよく知ることが大事。
ここでは妻の視点から、夫が知らない間にしてしまっている「イライラ行動」を3つピックアップしましょう。

■家事を手伝うときは秩序を乱さないように

妻は自分なりのやり方やルールを決めて家事に取り組んでいます。そのため、夫がたまにお手伝いをしてくれても、「やるならちゃんとやってよ!」とイライラを募らせてしまうことがあります。

例えば、皿洗いであれば、洗い順やスポンジ類の使い分け、食器棚の並べ方などそれぞれのマイルールがあるもの。お手伝いされたとしても、その秩序を乱すようなことをされると妻は怒ってしまうのです。

■話を聞く姿勢には「共感」と「肯定」を

会話にも男性と女性の違いがあります。米メリーランド大学の研究によれば、男性が1日発する単語数は平均7000語に対し、女性は平均20000語といい、女性は男性の3倍近くおしゃべりをすることになります。

女性にとって、おしゃべりはとても効果的なストレス解消法。その一方で、男性は解決志向で、会話を議論の方向に持っていこうとします。だから解決策の見出せない話は無駄だと思ってしまいがちです。

そのため、夫が「自分は話を聞く姿勢をとっている」と思っていても、妻からは「自分の話をまったく聞いてくれない」と思われているかもしれません。

妻は「それは大変だったね」といった共感や肯定の言葉を通して、「自分の話が聞いてもらえている」「気持ちをわかってくれている」という思いを抱きます。だから、会話がうまくいかない場合は、共感と肯定が抜けている可能性があります。

■いつでも妻の味方をしていますか?

嫁姑関係のいざこざを見ても見ぬふりをする夫、いますよね。どっちつかずの態度をとりがちですが、著者は基本的には妻の味方につくのがベストだと言います。

夫が妻の肩を持たないと、妻の怒りは姑から次第に自分の味方をしてくれない夫へと向かい、「私とお義母さん、どっちが大事なのよ」「お義母さんの言いなりね」と、不満や不信感を募らせます。妻はこれから一生を共にするパートナーですから、信頼感を深めなければいけません。

「こんなはずではなかった…」と結婚を後悔しないように、夫婦で「一緒にいて気が楽」と思えるような関係を築くためには相応の努力が欠かせません。

本書は男女の考え方の違いをベースに、夫婦がどのような関係を築けばうまくやっていけるのか、その方法が男性に向けて書かれています。それぞれ夫婦のベストな形をお互いで協力して見つけてみてください。

(新刊JP編集部)