インスタ映え間違いなし!? 「幸福の駅」に黄色いポストが誕生

インスタ映え間違いなし!? 「幸福の駅」に黄色いポストが誕生

黄色いポスト(画像はくま川鉄道提供)

かねてより黄色は幸福の象徴として明るいイメージを持たれることが多い。そんな黄色がポストになったなら、幸せを届けてくれそうでなんとも縁起がよい。


熊本県にあるくま川鉄道「おかどめ幸福駅」(あさぎり町)にて、2018年8月29日に黄色い郵便ポストがお披露目された。「幸福」が駅名についている駅に黄色い郵便ポストとは、ご利益が倍増になりそうだ。

幸福にちなんだ駅に幸せの黄色いポストが!

黄色いポスト自体は全国に点在しているようだ。有名な黄色いポストは、宮崎県青島にある「幸せの黄色いポスト」で、山幸彦(やまさちひこ)と豊玉姫(とよたまひめ)が青島の地で恋文を交わしたという神話にちなんで設置された。インスタグラムでも人気の撮影スポットとなっており、多くの写真が投稿されている。

Jタウンネット編集部は2018年8月31日、くまがわ鉄道担当者に話を聞いたところ、今回のポストはあさぎり町とくまがわ鉄道が、地元の人吉郵便局の協力を経て設置したものだという。元々駅前にあったポストは「幸福ゆきポスト」として親しまれていたそうで、駅売店では「幸福きっぷ」といった幸福にちなんだお土産が発売されていたのだという。ちなみに、「おかどめ幸福駅」の名称は、駅近くの岡留熊野座神社が通称「幸福神社」と呼ばれていたことに由来し、1989年に開業された。かつて北海道帯広市に「幸福駅」(旧広尾線)があったが、そちらは1987年に廃止されているため、現役の駅として「幸福」の付く唯一の駅だという。

「今回のポストの設置を機にさらに多くの方に来て頂けたら」(担当者)

黄色いポストの設置に協力した人吉郵便局の愛甲道伸局長に話を聞くと、「地域の活性化のためになれば」と黄色いポストへ期待するところを語ってくれた。設置されたポストの前ですでに写真を撮っている人や訪れた人の反応を見る機会があったとのことで、新たな幸福スポットの誕生に期待に夢を膨らませているようだ。

郵便ポストは全国で18万1221本になるという(日本郵政グループディスクロージャー誌2018参照)。日本郵便に全国の「黄色いポスト」の本数を問い合わせたところ、ポストの色に関しては地元郵便局の管轄となるため分かりかねるということだった。

全国でも珍しい黄色いポスト。熊本県を訪れた際には黄色いポストに投函すると何かいいことがあるかもしれない。

関連記事(外部サイト)