北海道で氷点下観測 地震から5日、心配する声相次ぐ

北海道で氷点下観測 地震から5日、心配する声相次ぐ

ict.wa3さん撮影、Flickrより

2018年9月6日未明に発生した、「平成30年北海道胆振東部地震」の発生から5日。いまだ1989人もの人々が避難している(10日21時時点、消防庁より)。

そんな北海道に、早くも冬のきざしが到来。道北で氷点下の気温が観測されたのだ。

豊富町では歴代1位更新

気象庁の発表によると、9月11日の最低気温で、全国で最も低かったのは稚内市でマイナス0.9度(5時時点)。以降、豊富町(0.4度)、中頓別町(0.8度)などと続く。このうち、豊富町では1983年9月29日に観測された0.5度を下回り、歴代1位の最低気温が更新された。

ツイッター上では、

地震被害で大変なことになってるのに過去最速の冬日到来という情報が...。今の北海道には深刻なのではないか。避難生活の方もいるから急激な気温変化とかしないといいな、と思う。
- と み▲D (@yasagrekuma) 2018年9月11日

東京も今日は昨日に比べて
ちと肌寒かったけど
北海道は もう最低気温が
氷点下のところ(稚内?)も
あったんだね(?*Д*?)!!
この時期に氷点下になるのは
130年ぶりとか(?*Д*?)!!
北海道は冬が早いので
北海道の皆さま
気を付けてお過ごし下さい
- まリにゃん@ふぁいたーずLOVE♪ (@f_marinyan) 2018年9月11日

こんにちは
今日は、随分涼しくなったね(^ ^)
被災地は5度前後と寒い気温になっております(><)
断水や停電もまだ続いてる所もあるようですね
早期の回復を阿狸は、祈ってます。
ファイト!北海道#阿狸#北海道 pic.twitter.com/cHH5JoCsiv
- 阿狸 (Ali) 日本公式 (@aliofficial2018) 2018年9月11日

などと心配する声が相次いだ。

関連記事(外部サイト)