睡眠中の「寝汗の量」知ってる? 冬でもコップ一杯分、熱帯夜には...

睡眠中の「寝汗の量」知ってる? 冬でもコップ一杯分、熱帯夜には...

睡眠中の「寝汗の量」知ってる? 冬でもコップ一杯分、熱帯夜には...の画像

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2021年5月17日放送の「コスギンの世話やき天気」のコーナーで、寝汗の量について紹介していました。

ジメジメとした季節が続いていますね。夏が近づくにつれ、朝起きると「寝汗」をかいている人も多くいるかと思います。

みなさんは実際、どれくらいの量の汗をかいているか、ご存知ですか?

■知らず知らずにかいている「汗」→その量は...

実は冬でもかいているという寝汗。

寝具メーカー「西川」のウェブサイトによると、冬、寝ている間にかいている汗の量は、コップ一杯分。およそ200ミリリットルとのこと。

夏の熱帯夜になると倍以上のおよそ500ミリ以上になるそう。ペットボトル一本分ですね。

これは、だらだら水滴としてかいているわけではなく、毛穴から水蒸気として出ています。なので、実際布団は濡れていないようにしても、汗は染み込んでいるとのこと。

雨の日が続いていますが、わずかな日差しを見つけ、布団を干したいですね。

(ライター:rin.)

関連記事(外部サイト)