食感はまさかの「ボロボロ」 スーパー玉出「ジャンボチキンカツ」の正しい食べ方がわからない

食感はまさかの「ボロボロ」 スーパー玉出「ジャンボチキンカツ」の正しい食べ方がわからない

食感はまさかの「ボロボロ」 スーパー玉出「ジャンボチキンカツ」の正しい食べ方がわからないの画像

大阪でよく見かける激安スーパー「玉出」。1円セールなどでおなじみですが、値段だけでなく個性的な品揃えにも一見の価値アリ。そんな「玉出」のお惣菜コーナーを西成区在住の筆者が物色し、実際に食べてレビューします!

今回見つけてきたのは「ジャンボチキンカツ」(税込321円)。名前の通り、ただひたすらに大きいチキンカツのようです。

そのサイズはもちろんのこと、味もかなり気になって、買ってきました。

■ソース一袋じゃ足りないデカさ

ラップを開けると手の平よりも一回り大きいチキンカツが登場。

横にボールペンを並べてみると、よりその大きさが際立ちます。

さすがのビッグサイズに、とんかつソースも種類の異なるものが2つ入っていました。

まずはそのまま一切れいただいてみましょう。

下味がしっかりとつけられており、ソースをつけなくても美味しくいただけます。

また鶏肉は柔らかいですが、ジューシーというよりはボロボロと崩れていくような食感。

おつぎは小袋に入ったとんかつソースをかけてみます。当然といえば当然ですが揚げ物との相性はバッチリ。

ただ衣がサクサクしていないので、湿った食感が苦手な方は要注意です。

■スポンジのようにソースを吸う鶏肉

もうひとつのソースもかけてみましょう。

こちらは先ほどのソースよりもサラッとしており、かけた瞬間にドンドンと染み込んでいきます。

鶏肉がスポンジのようにソースを含み、食べてみると柔らかさが極まっていました。

付け合わせにはキャベツが敷かれています。

チキンカツに守られていたからか、みずみずしさはかなり保たれていました。

これだけ大きな揚げ物を食べ切るなら、付け合わせはかなり重要なポイントですね。

ということで今回はスーパー玉出のジャンボチキンカツを紹介しました。大きさでのインパクトは十分ですが、味は正直ビミョーなところ。

とくに食感は犠牲にされている部分も大きいんじゃないかと思います。

チキンカツはそのままいただき、ソースはキャベツにかけて食べるのが正解だったんでしょうか。

とりあえず美味しく食べ切るには試行錯誤が必要なお惣菜だと感じました。

チャレンジしてみたいという方は、ぜひスーパー玉出へ探しに行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事(外部サイト)