お風呂上がりのビールはサイコー! ...だけど、水分補給にはならないのでご用心

お風呂上がりのビールはサイコー! ...だけど、水分補給にはならないのでご用心

お風呂上がりのビールはサイコー! ...だけど、水分補給にはならないのでご用心の画像

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2021年6月24日放送の「コスギンの世話やき天気」のコーナーで、睡眠時の水分不足について紹介していました。

夏が近づくに連れて飲みたくなるのが「ビール」ですね。お風呂上がりの一杯は、一日の疲れを癒す、最高のひと時ですね。

ですが、アルコールは「水分補給にはならない」ということ、ご存知ですか?

■お酒を飲んだら、お水も1杯

夜の気温が上がると、「寝汗」をかく量が増えます。寝具メーカー「西川」のウェブサイトによると真夏の夜は500ミリもの汗をかいているそう。

さらに、アルコールを体内で分解するためには「水分」を必要とするので、飲んだ時は喉が潤いますが、時間が経つに連れて体内の水分が失われてしまいます。また、アルコールによる利尿作用でも水分量が減ってしまいます。

対策として、アルコールを摂取したあとは「コップ一杯の水を飲むと良い」とのこと。

水分不足にならないよう「アルコールを飲んだら一杯の水」を心がけたいですね。

(ライター:rin.)

関連記事(外部サイト)