梅雨にピッタリな食材は「イワシ」だった 日差し不足の日々を乗り切る秘訣とは

梅雨にピッタリな食材は「イワシ」だった 日差し不足の日々を乗り切る秘訣とは

梅雨にピッタリな食材は「イワシ」だった 日差し不足の日々を乗り切る秘訣とはの画像

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2021年6月21日放送の「コスギンの世話やき天気」のコーナーで、イワシの栄養素について紹介していました。

梅雨の時期、日光が減ることで気になるのが、「ビタミンD不足」。

日差しを浴びると体内で自然に作られるビタミンDは、カルシウムのバランスを整える役目があり、骨を丈夫にする働きがあります。

梅雨の時期には足りなくなりそうですが、とある食べ物で補うことができるんです。

■今が旬の食材です

骨粗相症財団によると、ビタミンDを豊富に含む食材、それは「イワシ」とのこと。

しかもイワシは今旬を迎えていて、とても脂が乗っていて美味しいそう。千葉県では、6月から7月に獲れるものを「入梅イワシ」とブランド名が付けられているほどです。

すっきりしない日が続きますが、イワシを食べて栄養を補っていきたいですね。

(ライター:rin.)

関連記事(外部サイト)