見た目はバスだけど...実は電車! 関電トンネルトロリーバス、営業終了まであと1か月

見た目はバスだけど...実は電車! 関電トンネルトロリーバス、営業終了まであと1か月

扇沢駅とトロリーバス(LERKさん撮影、Wikimedia Commons

富山県と長野県にまたがる立山黒部アルペンルートは、毎年4月から11月に全区間が開放され、多くの観光客でにぎわう。

このルートには、日本全国でここ2か所にしか残っていない乗り物「トロリーバス」が稼働していた。そのうちの1つ、関電トンネルトロリーバスが2018年11月限りで営業を終える。

法律上は「電車」

関電トンネルトロリーバスは、扇沢駅(長野県大町市)と黒部ダム駅(富山県立山町)を結んでいて、路線の大半は関電トンネルを走行し、長野県側から黒部ダムへのアクセスルートにもなっている。


トロリーバスとは、ガソリンではなく架線から電気を取り入れて走るバスで、車両も普通のバスに集電装置(パンタグラフ)がついた程度しか違いはないが、法律上は「無軌条電車」という正式名称で、鉄道の一種。戦後まもなく大都市に普及したものの、現在は立山黒部アルペンルートに残るだけである。排気ガスを出さないことから、環境保護のためこのアルペンルートで採用されてきた。関電トンネルトロリーバスは1964年に開業し54年の歴史がある。


報道によると、関電トンネルトロリーバスを運行する関西電力は、19年4月から充電してバッテリーで走行する電気バスの導入を決定。車両更新の時期にさしかかり、電気バスの方がコストが安いため導入を決めたとのことである。18年12月から19年3月は冬季の休業期間に入るので、11月限りで関電トンネルを走るトロリーバスは最後となる。

今年限りのトロリーバスを記録しておこうという乗り物ファンや旅行者は多いようで、近隣の大町温泉郷などの宿泊者を対象にした特別撮影会も実施されているほどだ。ツイッターにも、惜しむ声が寄せられている。

さよなら、関電トロリーバス... pic.twitter.com/BPbJRTiqb5
- 白メルヘン (@meruhen_keyo8) 2018年10月24日

#TGE897
おはようございます
おススメ旅は立山黒部アルペンルートを使い富山まではいかが?
関電トロリーバスに乗るのは今シーズンいっぱい。来期からはバッテリーを使ったバスに変わります。麓の紅葉はギリギリかな pic.twitter.com/b8a4bWadfe
- たしくん@サブ垢 (@tani7716night) 2018年10月27日

立山黒部アルペンルートには、富山県側の室堂駅と大観峰駅の間を走る立山トンネルトロリーバスも運行していて、19年からはこちらが日本唯一のトロリーバスになる。

立山トンネルトロリーバス
越中の名峰立山を貫く、バスのような「電車」
アルペンルートブラザーズの一味
来年にはこれが日本唯一のトロリーバスとなるのだ...
2018/10/15 pic.twitter.com/SuzbwAxmHy
- しおさい| КИРОНЭСИ (@super_matsukaze) 2018年10月22日

関連記事(外部サイト)