その道60年の漁師も「初めて見た」 北海道で発見された「白いウニ」に注目→どれくらい珍しい?水族館に聞いた

その道60年の漁師も「初めて見た」 北海道で発見された「白いウニ」に注目→どれくらい珍しい?水族館に聞いた

その道60年の漁師も「初めて見た」 北海道で発見された「白いウニ」に注目→どれくらい珍しい?水族館に聞いたの画像

黒くてトゲトゲした見た目が特徴的な、ウニ。

しかし、中にはこんな一風変わった個体もいるようだ。

......白い。トゲトゲしい外観はウニに違いないのだが、とにかく白いのだ。もしかして、まったく新種のウニなのか!?

と、思いきや。こちらは、ムラサキウニというウニの一種で、新種のものというわけではなくたまたま白い個体だったのようだ。それはそれでかなり珍しい気もするが......。

コイツは一体、なんでこんな色をしているのだろう。なにか、とてつもなくショックを受けることでもあったのだろうか。

こちらの写真に対し、ツイッター上では、

「真っ白!中身が気になる...。」「もはやトゲと形しか判断材料が無いですね」「ウニのアルビノ? みたいな?」

といった声が寄せられている。

話題になっているのは、北海道在住のツイッターユーザーのフクマルガヤ(@ryo_ma_0515)こと「まき」さんが2021年8月24日に投稿した写真。Jタウンネット記者は投稿者本人と、こちらの白いウニを引き取ったおたる水族館に話を聞いた。

■毎年1匹〜2匹は見つかる

まきさんが話題の「白いウニ」の写真を撮影したのは、24日の朝8時の仕事場でのこと。同日の早朝に小樽市で漁師をしている祖父と弟が漁をしている際に発見したという。

「普段通りに漁をしている時にたまたま見つけたそうです」(まきさん)

大きさは成人女性の手のひらほどで、獲ってきた後にすぐ冷たい海水の中に入れたところ、元気にトゲを蠢かせていたそうだ。

「(実物を見た時は)私は『こんなものもいるのかぁ』と思ったくらいで、白いウニよりもその後の仕事のことを考えていました。周りの人達や家族はわいわいと騒いでいたと思います。白ウニには元気に長生きしてほしいです」(まきさん)

その日のうちに、ウニはおたる水族館(小樽市)に引き取られたという。

Jタウンネット記者は9月3日、おたる水族館にも話を聞いた。

取材に応じた同水族館・魚類飼育課の梶征一さんによると、24日に引き取った白いウニはその後、館内に展示されていた。

「もともと、当館にはすでに白いウニが一匹いましたので、その個体と合わせて2匹展示していました。ただ残念ながら、以前からいたものと今回引き取ったもののどちらかはわかりませんが、2〜3日前に片方が死んでしまっていました」(梶さん)

と説明。その後、一匹だけになった白いウニの展示は8月いっぱいで終了し、現在はバックヤードで保護しているとのことだ。

「たしかに漁師の方にとっては少し珍しいかもしれませんが、うちの水族館には毎年1匹か2匹は白いウニや白いナマコが、今回のように『見つかった』といって送られてきますね」(梶さん)

ただし、どうしてこのように白くなっているのかについては、

「色素がなくて白くなっているんだとは思いますが、ではなぜ色素がないのかについては、現状はっきりとわかっていません」

と話した。

関連記事(外部サイト)