お腹が空いたらかじっちゃいそう! おいしそうすぎる「巨大あんぱんポシェット」に反響

お腹が空いたらかじっちゃいそう! おいしそうすぎる「巨大あんぱんポシェット」に反響

お腹が空いたらかじっちゃいそう! おいしそうすぎる「巨大あんぱんポシェット」に反響の画像

「アンパンを腰にぶらさげたくなった時のために、こんなポシェットを作ってみました」

こんなコメントと共に投稿された写真が、ツイッター上で話題になっている。

アンパンを......腰にぶら下げる? 「アンパン専用のポシェット」とか、そういうことなのだろうか。気になる実物の写真がこちらだ。

こちらは、様々な生地を取り扱う大塚屋(愛知県名古屋市)の公式ツイッターアカウント(@otsukayanetshop)が、2021年12月16日に投稿した写真。

服を着たマネキン人形が肩からさげているのは、大きなアンパンの形をしたポシェット。「アンパンを腰からぶら下げる」とは、こういうことだったのか。

色合いといい表面にまぶされたゴマの柄といい、まるで本物そっくりなアンパン柄ポシェットに、ツイッター上ではこんな声が寄せられている。

「めっちゃ欲しいです」「ポシェットになっていれば、中にあんこを入れたい時なんか安心ですね」「空腹になるとかじりたくなる危険」

Jタウンネット記者は17日、このポシェットについて大塚屋に話を聞いた。

■アンパン柄の布を見た瞬間に思い浮かんだ

取材に応じた同社代表取締役社長の大塚真史さんによると、アンパンポシェットは14日に制作されたもの。

「アンパン柄の布を見た瞬間に、『ポーチ』か『ポシェット』が頭に浮かびました。そして、ポシェットのほうが普段身に着けることが多いですし、より楽しいのではないか、と思って制作しました」

と、大塚さんは製作に至った経緯を語った。

使用したのは、綿(めん)のプリント生地で、「実は裏地には餡子色の生地を使用しています」。

ポシェットに着ける紐もアンパンに合わせたカラーにしたという。

「(出来栄えは)最高だと思います。食べたくなりました」

と大塚さん。ツイッターでの反響については、

「とても嬉しいです。『ベレー帽にしてもいいですね』など、お客様のコメントもとても参考になります」

とコメントしている。

なお、このポシェットは作品見本なので、現在のところ販売する予定などはないそうだ。

関連記事(外部サイト)