味の想像がつかないけど... スープの上にソフトクリームを丸ごとドン!斬新すぎるみそラーメンが絶賛される理由とは

味の想像がつかないけど... スープの上にソフトクリームを丸ごとドン!斬新すぎるみそラーメンが絶賛される理由とは

味の想像がつかないけど... スープの上にソフトクリームを丸ごとドン!斬新すぎるみそラーメンが絶賛される理由とはの画像

「究極の甘辛」とでも言うべきか......あまりに衝撃的すぎるヴィジュアルのラーメンが、ツイッターで大きな話題になっている。

それが、こちら。「中華そば・焼きめし フラン軒」(大阪市中央区)の期間限定メニュー「甘辛miso」(税込850円)である。

なんということだろう。なかなか辛そうな赤いスープのみそラーメンに、ソフトクリームが丸ごとドカンとのっているではないか。ラーメンの後、デザートにソフトクリームを食べるならわかるが、まさか上にのせるなんて......。しかも驚くことに、この奇をてらったようなラーメンは、「おいしい」と好評なのだ。

ツイッターにはこんな声が集まっている。

「少し辛めの味噌スープとあま〜〜いソフトクリームが意外にも相性抜群でした」「ソフトアイスが辛口味噌スープと混ぜ合って程よい甘辛味に変わる見た目と味が両方楽しめる美味さ」「辛味噌の主張がメインになるものの、ソフトクリームの甘みや香りが後味フワッと広がり、不思議と調和しています」「コチュジャンベースの味噌スープが結構辛いのでアイス溶かして食べるとちょうどいいくらい。美味しかったです」「思っていた以上に色々と考えられていた一杯」

辛めのみそスープと甘いソフトクリームが、意外にも絶妙な相性でマッチしているようだ。

食に関してはやや保守的な記者としては、にわかには信じ難い......。そこで2022年1月17日、甘辛misoを販売するフラン軒に詳しい話を聞くことに。

■10種以上のアイスを試し、たどりついたのは...

取材に応じた同店のマネージャー・志水隆太さんによると、甘辛misoは1月4日〜3月31日の期間限定販売。フラン軒では3か月ごとに期間限定の麺メニューを販売しており、今回の甘辛misoは、昨年の1〜3月に販売していた、みそラーメンの上にわたあめをのせたメニューにアレンジを加えたものだという。

「昨年の甘辛misoラーメン(わたあめをのせたみそラーメン)を参考に、甘辛の『甘』の部分を他の食品に変えてお客さんに楽しんでもらいたいと考えました。まずスープを完成させ、それに合うアイスを10種以上試した結果、ミルク単体のソフトクリームに比べて甘すぎず、くどくならないチョコとのミックスソフトにたどり着きました。これだと辛いみそにマッチして、ラーメンの味を邪魔しないんです」(志水さん)

かなりの研究を経て、完成された味だったのだ。実際に食べた人が、口をそろえて「意外に相性がいい」と絶賛していたのも納得である。

なお、スープにはみそとコチュジャン(甘味と辛味のあるみそ)をベースに、豚・牛・鶏のエキスも使用。同店ではソフトクリームがのっていないみそラーメンは販売しておらず、この「甘辛miso」のためだけに作られたスープだ。

同店では、甘辛misoのような期間限定メニューに加え、中華そば・塩ラーメン・焼きめしの計4種のメニューのみを販売している。現在、4種の中でもやはり「甘辛miso」がダントツで売れているそうだ。

「平日は(1日あたり)150食、休日は200食近く出ますね」(志水さん)

ツイッターをきっかけに一躍有名になった甘辛misoだが、4月からはまた別の期間限定メニューに切り替わる予定とのこと。既に、新メニューの構想はあるのだろうか。

「昨年の4〜6月はイカスミなどを使った真っ黒のつけめんを販売したので、今年は何色にしようかなと考えています」(志水さん)

暖かくなる時期につけめんとは、さすがわかっている。たとえばトマトをベースに赤いつけめんとか、トウモロコシをベースに黄色いつけめんとか......? 記者の凡庸な想像力ではこのくらいしか思いつかないが、きっとまた目も舌もあっと言わせてくれる新メニューが生まれるに違いない。

関連記事(外部サイト)