「ベトナムか?」「USAだ。忘年会のな...」  余興を終えた「戦士の会話」話題に

「ベトナムか?」「USAだ。忘年会のな...」  余興を終えた「戦士の会話」話題に

忘年会、余興は憂鬱?

若手社員にとって、忘年会は「戦場」のようなもの――? そんな小噺が2018年12月18日にツイートされ、ネットユーザー笑いを誘っている。

話題の投稿は、次のような内容だ。

「タバコは」
「もらうよ」
「...戦士の顔つきだ」
「そりゃどうも」
「つらい場所に?」
「ああ」
「ベトナムか?」
「USAだ」
「USA?」
「忘年会で、強制USAをした」
「聞いて悪かった」
「替え歌も入った」
「何てこった」
「『カーモンベイビー総務課♪課長の横が部長♪w
「もうやめてくれ」
- まっくろくろいの (@makkurokuroino) 2018年12月17日

最初は、まるで戦地を点々としてきた歴戦の兵士たちの会話のよう。だが、「ベトナムか?」という問いに、もう1人が「USA」と答えた辺りから、だんだんと空気が変わってきて......。

そう、これらの会話の主、実は忘年会の余興を乗り越えた「戦士」だったのだ。若手社員たちが、上司を楽しませるためにDA PUMPのヒット曲「U.S.A.」を職場あるあるの替え歌で披露する。そんな悲哀あふれるエピソードに、聞き手の男は思わず「もうやめてくれ」。

忘年会シーズン真っ只中。職場での「USAハラスメント」報告も増えつつあるだけに、上記の小噺はネット上で共感を呼んでいる。ツイッターには、こんな反応が。

晩飯の味噌汁、iPadに噴いたwwwww
- kaz@(≧∇≦) (@kaz300882) 2018年12月18日

やってる人多いんだろうな。こういうのを社会人になってやらなんでよかったのはほんとよかった https://t.co/8L1Oo4eX9N
- psgn (@psgn1802) 2018年12月18日

今日の俺だわ。 https://t.co/jG20rljZDX
- 雅 (@miyabi9376) 2018年12月18日

あなたの職場は大丈夫だろうか。上司の気付かないところで、若手社員はこういった会話を交わしているかも。


関連記事(外部サイト)