ドイツ村なのに、BGMは「U.S.A.」 話題の「節操なさすぎ」イルミ、担当者を直撃すると...

ドイツ村なのに、BGMは「U.S.A.」 話題の「節操なさすぎ」イルミ、担当者を直撃すると...

以下画像はガガンボ博士ポリーン(motorporing)さんのツイート

東京ドイツ村に響く「カーモンベイビーアメリカ」の歌声――。思わずツッコミを入れたくなってしまいそうな、こんなイルミネーション企画が話題になっている。

ドイツ村、イルミネーションが発狂モードになると同時にドイツのアイデンティティをかなぐり捨ててカーモンベイビーアメリカとか歌いだすし、連合国側のプロパガンダ放送とかの設定なんだろうか pic.twitter.com/5WOmO7Ber0
- ガガンボ博士ポリーン (@motorporing) 2018年12月18日

話題になったのは東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)の「光と音のショー」。2018年12月18日にツイートされた動画を確認すると、DA PAMUPの大ヒット曲「U.S.A.」にあわせてイルミネーションが変化するド派手な演出が。

投稿者は演出に驚くと同時に、「ドイツ」なのに「カーモンベイビーアメリカ」と歌っているところに「アイデンティティをかなぐり捨てて」いると疑問に感じたようだ。


「いろんな国が入り混じっていますね」

この投稿を受けてツイッターでは、

「東京なのか、千葉なのか、ドイツなのか、アメリカなのかハッキリして欲しい!!」
「国境無法地帯じゃないかwww」

と、様々な国が混然一体となっている様子に興味津々なようだ。

話題の「光と音のショー」は20日放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)でも紹介され、出演者のマツコ・デラックスさんはBGMについて「節操がなくて素晴らしい」とコメントしていた。



「(東京ドイツ村では)いまチャイナランタンフェスティバルもやっていて、いろんな国が入り混じっていますね」

Jタウンネット編集部が26日、東京ドイツ村の広報担当者に話を聞いたところ、担当者は淡々とそう答えた。

チャイナランタンフェスティバルとは18年12月7日から行われているイベントで、中国の巨大ランタンが登場する。さらにもう一か国加わるとはおそるべき東京ドイツ村。光と音のショーの選曲について話を聞くと、「今年一番流行の曲だったので」とのこと。

「ドイツだけではなく、色々な国が好きな人にも来てもらいたいです。東京ドーム1個分くらいの広さのイルミネーションなのでより多くのお客様に楽しんでもらえたら」

東京ドーム1個分のイルミネーションとは随分スケールが大きい。様々な国が混然一体となっているのも懐の大きさのあらわれか。今後の楽しいイベントに期待したいところだ。

関連記事(外部サイト)