「開かずの瓶」とはこれでオサラバ! 「身近なアイテム」を使ってガチガチのフタを開ける裏ワザがメチャ便利

「開かずの瓶」とはこれでオサラバ! 「身近なアイテム」を使ってガチガチのフタを開ける裏ワザがメチャ便利

「開かずの瓶」とはこれでオサラバ! 「身近なアイテム」を使ってガチガチのフタを開ける裏ワザがメチャ便利の画像

「フタが開かないすべての人に試してほしい」

2022年4月24日、そんなコメントと共に投稿された動画が、ツイッターで話題となっている。画家のTAKUYA YONEZAWAさんによるツイートだ。

動画は、固くてなかなか開かない蓋に苦戦している様子から始まる。

そんなところに登場したのが、ガムテープ。それでどうやって瓶の蓋を開けるのかといえば......。

まずは、適当な長さに切ったガムテープを接着面が外側になるように真ん中で2つ折りに。両面テープのようになったそれを開けたい瓶の蓋にぐるぐると巻き付けていく。

■とっても簡単に開いた

こうすることでガムテープが手にも蓋にもくっついて滑り止めの役割を果たすため、簡単に蓋を開けることができるというのだ。

家にあるアイテムでこんなにスムーズに蓋が開けられるなんて、便利すぎる。

この投稿に対し、ツイッターでは

「なるほど!これは身近にある時短アイテムですね。さっそく実践します」「蜂蜜の瓶が開かなくて困ってたんです。バッチリ開きました」「こんな賢い方法があったとは。。。」

といった声や、「ガムテでも出来るんですねー!俺は輪ゴム派です」「ガムテほどでは無いと思いますが、ゴム手袋で開けるのもおすすめしたいです」とほかの身近なものを使った開け方情報も寄せられている。

■「フタを開けるストレスが減りました」

Jタウンネット記者は26日、投稿者のTAKUYA YONEZAWAさんに話を聞いた。

動画に映っている瓶は油絵を描く時に使用する溶き油のもので、時間が経つとガチガチに固まって開かなくなってしまうことが多く、困っていたという。

「ペンチを使ったりゴム手袋を使ったり、温めたり色々な方法を試しましたがなかなか思うような効果が出ませんでした。そこで『もっとグリップ力を高めたい』と考えて思いついたのがガムテープでした。この方法を思いついてから、フタを開けるのがかなり楽になりストレスが減りました!」(TAKUYA YONEZAWAさん)

ちなみに、この方法を使って上手に蓋を開けるコツは「乾いた手でやること」。

TAKUYA YONEZAWAさんは、今回の動画が話題となったことを受け、

「たくさんの方が『今度試してみたい!』といってくれたり、中には画像付きで実際にフタが開いたご報告をしてくれたり、多くの方のお役に立てたようでとてもうれしかったです!フタが開かないって結構ストレスだと思うのですが、この投稿によって少しでもそれが軽減して、みなさんのお役に立てたら嬉しいです」

とコメントしている。家に「開かずの瓶」があるそこのあなた、一度試してみては。

関連記事(外部サイト)