この背徳感がたまらねェ〜! スーパー玉出「鶏の串カツ」で禁断のアレ、やっちゃいました

この背徳感がたまらねェ〜! スーパー玉出「鶏の串カツ」で禁断のアレ、やっちゃいました

この背徳感がたまらねェ〜! スーパー玉出「鶏の串カツ」で禁断のアレ、やっちゃいましたの画像

<連載>スーパー玉出「激安メシ」の世界

文・写真 Met

大阪でよく見かける激安スーパー「玉出」。1円セールなどでおなじみですが、値段だけでなく個性的な品揃えにも一見の価値アリ。

そんな「玉出」のお惣菜コーナーを西成区在住の筆者が物色し、実際に食べてレビューします!

今回見つけてきたのは「鶏の串カツ」(税込149円)。

大阪名物でおなじみの串カツがスーパー玉出のお惣菜として登場しました。本場・新世界もすぐそこの店舗ということで期待が高まります。

■物足りない?いやいや、これが「醍醐味」

容器を開けてみると、ほんのり揚げ色のついた串カツが3本入っていました。

細い串が刺さったおなじみのビジュアル。早くも大阪らしさが全開です。

まずはそのまま一口いただきます。

サクッとした薄めの衣から、柔らかいもも肉が出てきました。

おかずとしてはもう少し食べ応えが欲しいところですが、この手軽さこそが串カツの醍醐味です。

■禁断の「二度漬け」もおうちなら...

お次はウスターソースをつけていただきます。ジューシーになった衣とお肉の相性が最高ですね。これにはお酒が進むのも納得。

せっかくのおウチ串カツということで、禁断の「二度漬け」をしてみましょう。

滴るソースの誘惑に負けて、一気にかぶりつきます。もはやソースの味しかしませんが、この背徳感に勝るものありません......。

ということで今回はスーパー玉出の「鶏の串カツ」を紹介しました。揚げたてではないものの、串カツとしての楽しさは申し分ありません。まだまだ飲み会ではしゃぎきれないこのご時世、自宅で本場の串カツとともにお酒を開けるのもイイんじゃないでしょうか。

気になった方はぜひスーパー玉出へ探しに行ってみてください!

関連記事(外部サイト)