これこそが「芯のエクスカリバー」だ! 鉛筆から「伝説の剣」削りだした猛者現る

これこそが「芯のエクスカリバー」だ! 鉛筆から「伝説の剣」削りだした猛者現る

これこそが「芯のエクスカリバー」だ! 鉛筆から「伝説の剣」削りだした猛者現るの画像

突然だが、まずはこちらの写真をご覧頂きたい。

黒い背景を背にしているのは、土台に刺さった一振りの剣。

柄や鍔の装飾はもちろん、刀身に至るまで非常に精緻で美しい作りだが......実はこれ、鉛筆の芯を削ってできたものだという。

「ハハッそんなまさか...」

そう思いもう一度写真を確認する記者。

すると確かに、土台の部分は鉛筆の形をしているではないか......!

■再挑戦で実現した「約束された勝利の剣」

鉛筆で出来た剣を生み出したのは、新潟県で鉛筆彫刻を制作しているシロイ (@shiroi003) さん。

12日、Jタウンネット記者の取材に応じたシロイさんによると、今回の作品はアニメ化もされているゲーム作品「Fate/stay night」に登場する「約束された勝利の剣」――エクスカリバーを再現したものだ。

「元々『Fate/stay night』という作品が好きで、その中の代表的な武器である『エクスカリバー』は鉛筆彫刻を始めた時から作りたい題材でした。ですが難度が高く以前挑戦しても上手くいきませんでした。しかし太めの鉛筆の採用、道具のアップグレード等により『今ならできるのでは?』と思い今回再挑戦し成功させることができました」(シロイさん)

元になったのは一般的な鉛筆より一回り大きな4Bの鉛筆。それをカッター、デザインナイフ、紙ヤスリ、針、リューターなどを使ってエクスカリバーに変身させていく。撮影時の照明にも工夫し、芯の光沢をうまく引き出したそうだ。

ここで記者が「鉛筆エクスカリバー」をどうやって作ったのかを尋ねると、なんともシンプルな答えが返ってきた。

「まず鉛筆の芯を木からむき出し芯を平らな板状にします。そこからおおまかな剣の輪郭を彫り出し上から成形。最後に塗装という流れです」

これだけ、である。

■「これが真の(芯の)エクスカリバーですか」

このように文字にすると数行になってしまうが、鉛筆の芯でこれだけ精巧なエクスカリバーを作るのであれば、相当な苦労があったのは想像に難くない。だって、1円玉と比べるとこんなに細くて小さいんだもの......。

そこで、制作の苦労を聞いてみると、

「成形の終盤になると刃の部分が薄くなるので折れるのが怖かったですね。あとは青の細かな部分の塗装をどうするかかなり悩みました」

とシロイさん。

あまりに再現度の高い「鉛筆エクスカリバー」は、Twiiter上で1万5000件のリツイート、11万3000件のいいね(19日時点)を集めるなど注目の的となり、目にしたユーザーからは

「え...えんぴつのしんだって!!?(迫真)」「これが真の(芯の)エクスカリバーですか」「造形だけではなく彩色まで丁寧に作られてて凄いです!」

と驚愕の声が上がっている。

シロイさん自身は「まだ彫刻面では甘い部分もあります」とストイックに評価しながらも、「最終的にはバランスよくできたと思います。そして『以前できなかった事ができた』という自分の成長を実感できる作品になりました」と振り返った。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?