赤く光るスカイツリーの頂上に「赤い月」 美しくも妖しい「東京の皆既月食」に大反響

赤く光るスカイツリーの頂上に「赤い月」 美しくも妖しい「東京の皆既月食」に大反響

赤く光るスカイツリーの頂上に「赤い月」 美しくも妖しい「東京の皆既月食」に大反響の画像

2022年11月8日夜、満月が地球の影に覆われる「皆既月食」が起こった。

日本全国で観測できたため、多くの人が夜空を見上げたことだろう。例えば東京では、こんな「一夜限りの共演」を見ていた人もいる。

真っ暗な夜の空、赤くライトアップされた東京スカイツリーの頂上に見えているのは、赤黒く染まった満月。スカイツリーの色との調和が美しく、どこか神秘的だ。

「スカイツリー頂上に咲く皆既月食が美しい」

そんなつぶやきと共にこの1枚をツイッター上で披露したのは、東京を中心に活動している学生フォトグラファーのszuna(@_szuna)さん。

Jタウンネット記者は9日、撮影当時の話を聞いた。

■「屋上に絶対ボスいるやつ」

szunaさんによると、話題の写真を撮影したのは東京スカイツリーの特別ライトアップが行われていた8日の20時10分頃。

その時間、スカイツリーの頂上に現れる月が撮れそうと考えたszunaさんは、1キロほど離れた隅田公園でカメラをかまえた。とにかくぶれず、綺麗に写すことを意識したという。

「皆既月食は普通の満月と違い明るさがあまりないので見えにくい部分もありましたが、普段見れない光景なので撮れてよかったなと思います」(szunaさん)

夢のコラボレーションを捉えた1枚は、ツイッター上では1万8000件以上のリツイート、14万件を超えるいいね(9日夜時点)を集めるなど話題となり、

「スカイツリーのライトの色とマッチしてますねー」「オリンピック聖火のようですね!」「屋上に絶対ボスいるやつ」

等の感想が寄せられている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?