睡眠中の人間は、タバコ臭にどう反応する? 「ニオイ気にしない」喫煙者で実験してみたら...

睡眠中の人間は、タバコ臭にどう反応する? 「ニオイ気にしない」喫煙者で実験してみたら...

タバコの煙は安眠をも奪うのか

昨今、たばこの臭いに関するトラブルは絶えない。人によって、ニオイのとらえ方が違うことも、尽きぬ議論の要因となっているのだろう。

Jタウンネットが先日配信した「タバコ臭トラブル」の記事をめぐっても、賛否の大きく分かれたコメントが何百件と寄せられている。正直、あまり議論がかみ合っているようには見えない。


だが、寝ている間であれば個人の考えは関係なく、身体的に正直な反応が出るのではないか。そう思った筆者は今回、「寝ている人間はタバコのニオイをどう感じるのか」というテーマのもと、人生初の「寝起きドッキリ企画」にチャレンジしてみた。

彼は目覚めるのか

このアイデアをS編集長に提案したところ呆れられたのは言うまでもないが、その後の流れは早かった。喫煙者で若手社員のIに、

「睡眠に関する調査をしたいんだ。ホテルのベッドで寝てくれないか」

とお願いした。オフィスに仮眠室はおろか室内で喫煙可能な場所がないため、実行するのであればホテルしかなかった。

何も知らない彼は2つ返事で了承した。騙されるとも知らずに。

ドッキリを行うのは人生で初めてだ。学生時代にサプライズで誕生日プレゼントを用意する相手もいない寂しい人間だったツケがここで回ってきた。

呆れていたS編集長も困っている筆者に手を差し伸べてくれた。都内の某ホテルを予約してくれたS編集長は、

「せっかくだから紙巻タバコだけじゃなくて、加熱式でも試してみないか」

と勧めてきた。

S編集長が手渡してきたのは、最近入手したというプルーム・テックの新商品。数ある加熱式タバコの中でも、とくにニオイが少ないとされている。これを使って、紙巻きとの反応の差も試してみようという趣向らしい。


そして迎えた決行当日。静かな一室に足を踏み入れた。Iには2時間前に部屋に入ってもらい、寝るように指示してある。


編集長自らがカメラを持ち、煙を吹きかける役を筆者が担った。物音を立てないように準備を進める。実験とだけ事前に告げているため、部屋は明るい状態を保ってもらった。

まさに手に汗握る状況だが、計画通りセッティングが完了。紙巻きより臭いが少なく、煙の代わりに蒸気が出るプルーム・テック・プラスを先に試した。ニオイの少なさがウリの加熱式タバコだ。


初めてのドッキリに悪い笑みが隠し切れない。しかし、タバコを吸いこんで吐いてみるとおかしなことが起きた。吸っていて味も感じているのに、煙がほとんど見えないのだ。


あまりに目覚めそうもないので躍起になって矢継ぎ早に吸っても効果なし。Iは微動だにしておらず、ここまで何もないと試す意味があったのかも疑わしい。正直、ドッキリ的には期待外れだ。

決着は突然に

続いては大本命の紙巻タバコで挑戦。これで何の反応もなければ、さらに強力な葉巻やリトルシガーも検討しなければならない。

タバコに火をつけると加熱式とは比べ物にならない白い煙が部屋を襲った。そして、口に含んだ煙をベッドに向かって吹きかけた。


一発目から少し顔をしかめたI。良い調子だ。少しずつ不快そうな表情を強めていくので、せっかちに吸って吐く行為を繰り返す。すると5回目で彼は目を覚ました。


驚くとともに全く想定していない状況に真顔のI。「おはようIくん」とスパイ大作戦の指令伝達のように企画を告げた。

怪しげな筆者とS編集長に少しおびえている。徐々に企画を飲み込み騙されていたことに気づいた。

冷静になった彼に寝ている間にタバコを吸われた感想を聞くと、

「加熱式の方は本当にわからなかった。紙巻はとにかく臭いがキツくて...」

とコメント。加熱式を吸っていたことには気づいていなかったようで、臭いが気になるから吸ってほしいと要望。改めて彼の前で吸ってみると、

「アロマのような匂い。加熱式タバコによくある機械的な臭いも全くしなかった」

と驚いていた。

彼の意見に筆者もS編集長も同意せざるを得なかった。ちょっとした思い付きで持ち込んだプルーム・テックの臭いの少なさは、仕掛け人のこちらの方が驚いてしまった。

そして、紙巻タバコの煙は人を眠りから引っ張り出してしまうのも事実だった。当人は喫煙者。ふだんは「タバコの臭いなんて気にしたことがない」と語っているIだが、睡眠中となれば話は別のようだ。

関連記事(外部サイト)