ピエール瀧のマンホール、完全に撤去される 藤枝市「もう設置することはないだろう」

電気グルーヴのピエール瀧容疑者を逮捕 静岡・藤枝駅南口のコラボマンホールは撤去

記事まとめ

  • 「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕された
  • 静岡朝日テレビ「ピエール瀧のしょんないTV」とコラボしたマンホールは13日に撤去
  • 市の担当者はこのマンホールについて「今後、設置することはないだろう」と話した

ピエール瀧のマンホール、完全に撤去される 藤枝市「もう設置することはないだろう」

ピエール瀧のマンホール、完全に撤去される 藤枝市「もう設置することはないだろう」

山羊御大、またの名をうっちー(@haraguro__yagi)さんのツイートより

電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受けて、静岡・藤枝駅南口に3か所設置されていたご当地マンホールが撤去された。2019年3月13日のことだ。


このマンホール蓋は、静岡朝日テレビの番組「ピエール瀧のしょんないTV」とコラボしたもので、表面に瀧容疑者のイラストが描かれていた。

「いざ無くなると寂しいです」

このマンホール問題については、Jタウンネットでも13日に「ピエール瀧のマンホール、逮捕でどうなる?」といった記事で取り上げていた。

このときの取材では、市下水道課の担当者は「表面を隠す方法を検討中」だとしていたが、状況が変わって撤去が決まったようだ。Jタウンネット編集部は14日、撤去までの詳しい経緯を改めて聞いた。

まず、このマンホール蓋は、デザインプレートの入れ替えが可能な形だった。そのため市は、暫定的な処置として13日中にプレート部分のみを撤去。その後、14日に改めて別の蓋に取り替えた。

元々使用していた蓋の在庫が下水道課にあり、使える状態だったこと。デザインプレートを外した状態の蓋は若干の段差があり、万が一に歩行者がつまずかないように配慮するなどの理由で、蓋そのものを取り替えたという。

市の担当者は、瀧容疑者が描かれたマンホールについて、

「今後、設置することはないだろう」

とも話していた。こうした判断も、暫定的にデザインプレートを外すのではなく、蓋そのものを変える理由の一つになった。

こうした対応に、ツイッターでは「いざ無くなると寂しいです」「こんなに寂しい気持ちになるとは思わなかった」といった反応が寄せられている。

関連記事(外部サイト)