「『なぜ』はこちらが聞きたい」...美少女キャラ切符発売中止のくま川鉄道、ショック隠せず 市議会指摘に苦渋判断

「『なぜ』はこちらが聞きたい」...美少女キャラ切符発売中止のくま川鉄道、ショック隠せず 市議会指摘に苦渋判断

くま川鉄道株式会社Facebookより

熊本県南部の人吉市と湯前町を結ぶくま川鉄道(熊本県人吉市)は、2016年10月8日に発売を予定していた「くま川鉄道特別応援切符」の発売が4日、正式に中止となった。


特別応援切符は増収対策として、同社の観光列車「田園シンフォニー」5両をイメージしたキャラクターをデザインした1日フリー乗車券5枚一組6000円で発売予定だった。しかし、切符にデザインされた少女のキャラクターが「成人向けゲームのキャラクターに似ている」との指摘があり、発売中止に至った。

似ているとされるのは、デジタルノベルブランドLoseのゲーム「まいてつ」。くま川鉄道と人吉市を舞台にしている。その登場人物「ハチロク」と「れいな」、さらにロゴがそっくりなのだ。酷似というより、同一キャラクターが衣装を変えただけの差分(イラストの一部分が差し替えられたもの)といえそうだ。

ネット上ではこの一連の騒動をめぐり議論が白熱しているが、各々が「問題視」している点が異なるため、問題が複雑化している。そこでJタウンネット編集部は、渦中のくま川鉄道に電話取材をして中止の理由を聞いた。

キャラクターは別物

話をしてくれたのは、特別応援切符の企画担当の方。

「ゲーム会社(Lose)は以前からくま川鉄道の現状を気にかけてくれており、キャラクターを使って応援したいと、無償で協力をしてくれた」

ことが企画のはじまりのようだ。

切符のキャラクターには成人向け要素は一切なく、ゲーム会社名やゲーム名、キャラクター名を入れないなどの配慮をしていた。九州運輸局とJRからも了承を得ていたという。

ところが9月28日に開かれた人吉市議会で、使用されているキャラクターがアダルト系のものではないかと指摘を受けた。鉄道は高校生の利用客も多く、「悪影響を及ぼす」「ふさわしくない」という理由から、販売見合わせとなった。

「ゲームのキャラクターとは全くの別物。成人向け要素を連想させるものではなく、特に問題はないと認識していた」

それから約1週間。同社の正式な判断が下された。

「悪影響を及ぼす恐れがあるとして中止が決まった。第3セクターなので市町村の理解を得られなければ難しい。正直合点はいかないが、止めざるを得なかった」

という。

何を問題視して中止となったのか、「『なぜ』はこちらが聞きたい」と苦渋に満ちた声で答えた。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)