駅員さんがハサミで切符を切ってくれる! 東京駅〜日本橋を散策する「発見!てくてくきっぷ旅」開催

駅員さんがハサミで切符を切ってくれる! 東京駅〜日本橋を散策する「発見!てくてくきっぷ旅」開催

記事画像

東京駅〜八重洲〜京橋〜日本橋エリアの様々な施設にちなんだデザインの記念切符を集め、様々なイベントに参加できる「発見!てくてくきっぷ旅」が、2016年10月8日から11月3日までの期間限定で開催される。

期間中は、同エリアの様々な名所旧跡を楽しみながら切符を集めるだけでなく、元駅員による昔ながら入鋏イベントのほか、9種類のきっぷを集めた参加者向けにオリジナルグッズの抽選会などが行われる。

昔ながらの入鋏イベントや全員プレゼントも

「記念レプリカきっぷ(硬券)」は、東京駅、八重洲、京橋、日本橋を中心とした散策ルート上にある9つの施設で入手することが出来る。現役時代の硬券と同じ印刷機と板紙を使用したこだわりの製造方法で製作され、裏面には施設のロゴマークが描かれている。


また、10月8日、9日、10日、11月3日には、切符の配布場所にて、元駅員による入鋏の実演イベントが行われる。


更に、9種類すべてを集めた参加者全員には、記念レプリカきっぷを収納できる「オリジナルきっぷ台紙」がプレゼントされる。また、会期中の土・日・祝日に開催されるオリジナルグッズの抽選会へ参加することで、抽選で20人に「オリジナル改札鋏」が、200人に「東京名産セレクション」が送られる。




「発見!てくてくきっぷ旅」は、2014年開催の「あるこう!東京駅〜日本橋 百年散策」、2015年の「東京駅〜日本橋 昭和レトロめぐり」に続く第3弾イベントで、過去の2回よりも規模を拡大、参画企業も3社増え、9社となった。

記念切符の配布場所は全9か所で、JR東京駅の動輪の広場、地下鉄日本橋駅の定期券売り場、大丸東京店1階の店内案内所、八重洲地下街メインアベニュー、日本橋島屋の正面インフォメーション、日本橋三越本店1階のライオン口案内所、コレド日本橋地下1階のインフォメーション、国分ROJI日本橋1階の店舗入り口横特設デスク、東京スクエアガーデン地下1階のハットドラッグ。

イベント期間中のコレド室町1と八重洲地下街では随時台紙プレゼントが行われ、期間中の土・日・祝日はオリジナルグッズの抽選会が行われる。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)