レジに並ぶ必要のない「セブンカフェ自販機」、数店舗に試験導入されていた!

レジに並ぶ必要のない「セブンカフェ自販機」、数店舗に試験導入されていた!

Jタウンネット編集部撮影

最近めっきり暑くなったせいか、のどが渇いたら吸い込まれるようにコンビニへ行き、いつも決まって好物のアイスコーヒーを購入する。コーヒーの容器を持ち、レジ待ちの列に並ぶ。必ずしも空いているとは限らない。時に数分、待つことだってある。そんな時はどうしても、「ああ、氷が解ける......」と心配してしまう。


だがこの機械があれば、心配ご無用。

セブン‐イレブンの一部店舗では、「セブンカフェ」の自動販売機が導入されている。

セブン&アイ広報「まだ試験段階」

Jタウンネット記者は2017年5月下旬、東武鉄道東上本線の大山駅から徒歩約5分の「板橋大山東町店」(東京都板橋区)でこの「自動販売機」を発見した。ここではこれに加え、普通のコーヒーマシンも設置されている。


ホットコーヒーを飲みたければ、カップを側面のホルダーから取り出し、注ぎ口の下に置き、コインを自販機下部の投入口に入れる。アイスの場合、自販機横の冷蔵庫からカップを取り出し、フィルムをはがしたら、注ぎ口に置いてお金を入れる。


編集部そばの「麹町日テレ通り店」(千代田区)には、ホット専用の自販機があった。

だが「セブン‐イレブン」のどこにでも、こうした自販機が置かれているわけではない。なぜ、現在の規模にとどめているのだろうか。

Jタウンネット記者がセブン&アイ・ホールディングスに話を聞いてみると、広報担当者は

「まだ試験段階だからです」

と理由を説明した。試験導入の事実すら公に発表しておらず、

「こちらからどの店に設置しているかお答えすることはできません」

という。

この自販機が初めて導入されたのは、2016年の秋ごろ。「数店舗」で現在、試験的に運用している。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)