伝統工芸が「プラレール」と出会ったら... 美しさに息をのむ人続出

タカラトミーのプラレールと伝統工芸が融合 花火をイメージした作品がTwitterで話題

記事まとめ

  • プラレールと江戸切子、箱根寄木細工、京都竹工芸、漆塗りが融合した芸術作品が誕生
  • その幻想的な姿からツイッターでは「未知の組み合わせだなあ」「欲しい」などと話題に
  • 花火をイメージし、東京ビッグサイトで開催の「東京おもちゃショー2017」で披露される

伝統工芸が「プラレール」と出会ったら... 美しさに息をのむ人続出

伝統工芸が「プラレール」と出会ったら... 美しさに息をのむ人続出

タカラトミーのプレスリリースから(以下同)

タカラトミー(東京都葛飾区)の玩具「プラレール」と日本の伝統工芸「江戸切子」「箱根寄木細工」「京都竹工芸」「漆塗り」が融合し、新たな芸術作品「伝統工芸×プラレール」が誕生した。


その幻想的な姿から、ツイッターでは「未知の組み合わせだなあ」「欲しい」などと話題になっている。

「花火」をイメージ

「江戸切子」「箱根寄木細工」「京都竹工芸」の3つは、東京ビッグサイト(東京都江東区)で6月1〜4日に開催される「東京おもちゃショー2017」(一般公開は3、4日)で披露される。

制作したタカラトミーの公式ツイッターは、

\6月1日〜4日開催/
明日から開催(一般公開は3日から)の「東京おもちゃショー」では、日本の伝統工芸職人による「アート プラレール」を展示します。普段は見れない極めて珍しい作品なのでぜひ遊びに来てください#タカラトミーおもちゃショー pic.twitter.com/QUBvwwylpG
- タカラトミー (@takaratomytoys) 2017年5月31日

と呼びかけている。

タカラトミーのプレスリリースによると、伝統工芸の職人たちが各作品とも「花火」のコンセプトで制作した。長年の歴史で代々受け継がれる技術、技巧、素材、色、形状が集約され、いずれも3両編成で作られている。「箱根寄木細工」「京都竹工芸」「漆塗り」は「プラレール」同様、プラスチック製の青いレールの上を電動で走ることもできる。


「江戸切子」との融合作品は、伝統工芸士の高野秀徳氏が手がけた。「花火」から「夜空」を連想し、車体の青色から夜行列車「ブルートレイン」を頭に浮かべて作ったのが......これだ。


「側面には、列車が駆け抜ける山々と、夜空に輝く星を、天面には、夜空に煌めく天の川をイメージして そこに江戸切子の代表的な紋様の麻の葉、六角篭目、八角篭目を組合せました」




ツイッターでは、「プラレール」と伝統工芸の「共演」に驚きの声が寄せられている。

江戸切子欲しい。。。
プラレール欲しい。。。
ふぁっ?!伝統工芸×プラレール!!
- Aとれいんかんぱにー滋賀県本社 (@company_train) 2017年5月26日

嘘!?伝統工芸品とプラレール!?
- 照月改・つばさ提督 (@teluzukl) 2017年5月26日

プラレールが別の遊びと化してて草
- はじける (@FlankerHJ) 2017年5月30日

プラレールと伝統工芸って未知の組み合わせだなあ
- ヤンチャよしこ (@yanlittY) 2017年5月30日

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)