「カツが半額じゃん!」 →手を伸ばした結果...

「カツが半額じゃん!」 →手を伸ばした結果...

K5(@TakadaK5)さんのツイート

半額の商品を見つけて、いざ手に入れようしたら痛い目にあった――こんなツイートが2017年6月5日に投稿され、話題になっている。

半額じゃん!!!!!!
って奥に手を伸ばして突き指した。
情けなくて泣けてきた。 pic.twitter.com/EVJCSjYRPs
- K5 (@TakadaK5) 2017年6月5日

今回投稿されたこちらの画像。スーパーのお惣菜コーナーで半額になった商品があるのを見つけて、早く買わなきゃ!といった衝動に駆られて勢いよく手を伸ばしてみたら突き指してしまった投稿者。どうやら手前にある「20%」引きの商品が鏡に写って反転し、それが「50%」引きに見えてしまってたようだ。お得な情報が目の前に転がってた時はまず、一度冷静になり吟味しないと痛い目に合うという事だろう。

ツイートへの反応「欲望が産んだ痛み」

このツイートには、こんな反響が。

【反転したフライの値段】
580÷2=290 290円
【正常なフライの値段】
280-56(20%)=224 224円
反転したフライより、手前のフライの方が安いですね。
FF外から失礼しました。
- お爺 (@Ojisanu) 2017年6月6日

欲望が産んだ痛み
- りしぇる (@Rishel_destroy) 2017年6月6日

確かに、半額商品が有る様に見えますね。
つき指迄云ったのは、相当な勢いで手を伸ばしたのだと思います。
お大事に...と、思うと共に、笑いをありがとうと言いたい。
- ジャンキー・八頭@変態紳士 (@junkyyagashira) 2017年6月6日

有りもしないものを取ろうとして突き指は、投稿者には悪いけど笑ってしまう。(ライター:長谷川オルタ)


Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)