傘を無料で差し上げます! 梅雨入り当日の福井駅前に現れた「自称ヒーロー」

国内で第3位の降水日数を誇る福井県で、「自称ヒーロー」が出現し傘を無料で配布

記事まとめ

  • 「福井っていいな」と思われたいとの思いから、傘を配るべく「自称ヒーロー」が出現
  • 福井駅周辺に登場し、人々とあいさつを交わしながらオリジナルデザインの傘を配布した
  • 今後はこの「福井のヒーロー」を活用した企画を隔月に1度ほど実施していくという

傘を無料で差し上げます! 梅雨入り当日の福井駅前に現れた「自称ヒーロー」

傘を無料で差し上げます! 梅雨入り当日の福井駅前に現れた「自称ヒーロー」

記事画像

国内で第3位の降水日数を誇る福井県で、急な雨にびしょ濡れになる人を減らし、「福井っていいな」と思われたい......。そんな思いから、福井駅周辺で傘を配るべく、「<自称>福井のヒーロー」が出現した。

これは、「社会をにぎやかに!」を理念に掲げる通信インフラ企業の「ALL CONNECT」(福井県福井市)が立ち上げた企画。同社社員が真っ赤なコスチュームに身を包み、福井県が梅雨入りした2017年6月21日、道行く人々に傘を配布した。

「傘で福井県を救います!」

「<自称>福井のヒーロー」は、福井駅周辺に21日の17時から登場。人々とあいさつを交わしながら、オリジナルデザインの傘を配布した。



福井県民80万人分の傘を一度に持てる腕力、傘が無くて困っている人を感知するアイマスク、100mを15秒で走れる脚力――といった特徴を持つ、「<自称>福井のヒーロー」。この企画に際して本人は、

「突然の雨でもずぶ濡れにならないように『傘』で福井県を救います!」

と意気込みのコメントを寄せている。



時には屋根の下やベンチで一休みを挟みながら、無事に傘配布を終えた。

今後はこの「福井のヒーロー」を活用した企画を隔月に1度ほど実施していくという。具体的な企画内容は検討中とのことなので、今回の傘配布以外にも、バリエーション豊かな活躍が期待できそうだ。なお、今後の展開によっては、ヒーローの「名前」を公募する可能性もあるという。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)