ヤフーで「都道府県名♪」と検索すると、その地の「音」が聞ける...だけじゃないぞ!

ヤフーで「都道府県名♪」と検索すると、その地の「音」が聞ける...だけじゃないぞ!

筆者おススメは「ゴリラ♪」です(Martin Fischさん撮影。flickrより)

「Yahoo!で都道府県のあとに♪を付けて検索をするとその土地ゆかりの音が流れてくる」というツイートが2017年7月2日に投稿され、3万回以上リツイートされて大きな話題となっている。

その後、ツイッターでは自身の出身地の音を検索する人々であふれているが、実はこの機能は「都道府県♪」だけにとどまらない、より幅の広いサービスだった。

おススメは「ゴリラ♪」

Yahoo!で都道府県のあとに♪を付けて検索をするとその土地ゆかりの音が流れてくると知って検索してみて死ぬほど笑っている...
カッコいい県が羨ましい( ;∀;)
- ぽむdey (@pompomcotton) 2017年7月2日

この「♪(おんぷ)検索」は、Yahoo!が2017年3月23日に提供を始めたサービスだ。これにより、「47都道府県の音」「使える音」「動物の音」「楽器の音」の4つのカテゴリの様々な音が検索可能になった。今後は対応するキーワードを順次拡充していく予定だという。

話題になっている「47都道府県の音」は文字通り全都道府県特有の音を聞くことが出来るのだが、分かりやすい独特の音がある地域は少ない。一聴して判別できるのは沖縄「三線(さんしん)」くらいだ。あとは山口の「SLやまぐち」くらいだろうか。

他の地域だと、東京なら「浅草寺」......の雑踏の音、鳥取なら「鳥取砂丘」......の風の音、香川なら「うどん」をすする音などになっている。観光名所で聞こえる音と、食べ物が発する音に大別されるようだ。

ちなみに、すする音系のバリエーションは多く、長崎の「ちゃんぽん」、熊本の「熊本ラーメン」、島根の「出雲そば」、岩手の「わんこそば」があった。

しかし、観光名所の音というのは中々面白い。実際に行ったことはない場所でも、ヘッドフォンで聞くと臨場感があるのだ。

また、「動物の音」では約120種の動物の声を聞くことが可能で、犬や猫だけでも数種類ずつピックアップされている。このカテゴリのおススメは、非常にテンションの高いウホウホボイスを堪能できる「ゴリラ♪」だ。

「楽器の音」は、珍しい楽器の音まで網羅しているため、新たな発見が多い。時間つぶしにはピッタリだろう。ここでのおススメは「クイーカ♪」だ。少し高めのリズミカルなウホウホサウンドを堪能できる。うー、がおー!

4つ目のカテゴリが、「使える音」という抽象的なものだが、これが実際に使い勝手がいい。映画やドラマの演出で使われるような効果音も多数収録されており、使いこなせればあらゆる行動に効果音を付けることが可能だ。

その境地まで至らずとも、楽器や歌をやる人にとっては「チューニング」や「音階」はとても有用だろう。チューナーを持っていない場合も、スマホで検索すれば基準となる音を出してくれるのはありがたい。

まぁ、近年では無料から有料まで、優秀なチューナーアプリが配信されているのだが......。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)