「埼玉県南部」ってどこだ? 東西に長い県域、「謎の光」きっかけに議論激化

「埼玉県南部」ってどこだ? 東西に長い県域、「謎の光」きっかけに議論激化

オレンジは「南部」、赤は「南西部」(埼玉県のHPを参考に彩色)

埼玉県南部で謎の光が目撃された―――。そんな不思議なニュースが飛び込んでくると、正体は隕石、UFO、はたまた災害の予兆など、様々な意見がツイッターを飛び交った。

しかし、一部のツイッターユーザーはそのニュースの別の箇所......「埼玉県南部」の定義について盛り上がっていた。そして、議論が進むにつれ、ついには埼玉県外のある大都市を南部指定する人も多く現れた。そこでJタウンネットは、「埼玉県南部」の公式な定義を調べてみた。

結構狭い「埼玉県南部」

埼玉県は東西に長い県のため、「南部」という言葉が指す範囲はあまりはっきりとしない。「謎の光」をめぐるTBSの報道(2017年7月10日)では「埼玉県桶川市や川越市などを中心に」した目撃情報を、「埼玉県南部など」の見出しで伝えたこともあり、ツイッターには、

埼玉県南部ってどこまでよ
- ひのゆずこ (@hnyz_idol) 2017年7月11日

(埼玉県民だけどどっからどこまでが埼玉県南部なのかぶっちゃけよく分からない)
- キスケ 【新刊通販始まりました】 (@kisuke_d) 2017年7月11日

埼玉県南部ってどこ!?
5年ぐらい埼玉住んでるけどわからん!
- みぱ(?oωo ) (@HRK_gen_hsn) 2017年7月11日

と、困惑する声が相次いで投稿された。

埼玉県の公式サイトの「埼玉県の紹介」ページによると、「南部地域」扱いなのは川口市、蕨市(わらびし)、戸田市の3か所に限られる。それに「南西部地域」扱いの7市町、ふじみ野市、富士見市、志木市、朝霞市、新座市、和光市、三芳町を加えても、範囲としてはかなり狭い。なおTBS報道では南部扱いだった川越市は「川越比企地域」、桶川市は「県央地域」となっている。


南部=池袋説

そうした南部論争を更に拡大させたのが「池袋説」だ。

池袋駅には、東武東上線、西武池袋線、JR埼京線など、埼玉県と東京都を繋ぐ主要路線が集まっている。そのため、埼玉県民にとっては東京の玄関口であると同時に、手軽に来られる大都市の1つでもある。有名な「池袋は埼玉の植民地」というジョークからも見えるように、埼玉県と池袋のかかわりは深い。神奈川にとっての町田市のポジションと言えるだろう。

そのため、

埼玉県南部は池袋まで。
- Yuzy Butler (@yuzydeluxe) 2017年7月11日

ていうか埼玉県南部って赤羽や池袋も入ってくるよな(真顔)
- ぐっちょん@趣味垢 (@gxuxtxi) 2017年7月11日

埼玉県南部って練馬と池袋の事やろ?
- 麻凛(欠乏症P) (@marin_kml) 2017年7月11日

埼玉県南部で目撃情報が多数あがってますが、議論は南部とはどこかに絞られてきてますね。未確認飛行物体の目視が練馬区や池袋で上がっても議論の結論の如何に関わらずそこは埼玉県南部であることに変わりはないでしょう。
- 行政書士うすい法務事務所 (@usuitakashi) 2017年7月11日

川越も桶川も埼玉県南部ではないですよね。埼玉県南部とは池袋、板橋、赤羽周辺を指すものですからね
- 箸De (@282644) 2017年7月11日

といった結論も見られた。

また、埼玉県と隣接する北区や練馬区、板橋区も「南部」に含める過激派も現れるなど、「謎の発光体」という多くの人の興味をくすぐるワードそっちのけで「埼玉県南部」についての議論は広がりを見せている。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)