あの「メルちゃん」を子育て応援大使に! 「おせわだいすき」な北九州市コラボ企画

あの「メルちゃん」を子育て応援大使に! 「おせわだいすき」な北九州市コラボ企画

「おせわだいすき北九州市」(C)PILOT INK

赤ちゃんのお友達「メルちゃん」が、なんと地方自治体の「大使」に就任する。


福岡県北九州市は2018年4月21日、パイロットインキの公式キャラクター「メルちゃん」を「北九州市子育て応援大使」に任命する。一体どんな活動をするのだろうか――。

5月にはスタンプラリーを開催

4月19日の市ニュースリリースによると、市とパイロットインキは「北九州市子育て環境PR連携協定」を締結する。メルちゃんの大使任命に加え、19年3月末にかけて、各種キャンペーンを展開。協定には、画像や楽曲の使用許諾や、市の魅力発信や認知度向上にむけた相互連携・協力も含まれている。

「メルちゃん」は1992年に発売されたトイドール。お風呂に入ると、髪の毛の色が変わるのが特徴だ。年間出荷50万体以上で、「国内マーケットNo.1」「お母さんの認知度97%」「『メルちゃん』シリーズ保有率約50%」といった調査データもあるという。

そんなメルちゃんに、北九州市が白羽の矢を立てた。同市は「次世代育成環境ランキング」(NPOエガリテ大手前が発表)の政令市部門で、6年連続1位を獲得するなど、子育て環境で一定の評価をされている。今回のメルちゃんとのコラボで、子育て環境をアピールし、市を「知ってもらう」「来てもらう」、そして「住んでもらう」ことにつなげていくのが目標だ。

「おせわだいすき北九州市」をキャッチフレーズとした、今回のキャンペーン。4月21日には、北九州市立子どもの館(八幡西区)イベント広場で、大使任命式が行われる。同館に設置される「メルちゃんコーナー」も、キャンペーンイベントの一環だ。

また、5月3〜31日にかけては、2つのエリアで「メルちゃん なかよしスタンプラリー」を開催。小倉エリアの3か所でスタンプを集めると、A6サイズシールを。八幡エリアの3スタンプを集めると、缶マグネットをプレゼントする。内容は検討中というが、夏休み期間中のイベントも行う予定だ。

Jタウンネットで画像つき記事を読む

関連記事(外部サイト)