人口10万人当たりの「銭湯」数は1位青森、2位鹿児島 両県に多く銭湯が残る理由とは

記事まとめ

  • 山陽新聞で、岡山県内の銭湯数が減少し続け、現在は十数軒になっていると報じられた
  • 総務省発表の「公衆浴場数(人口10万人当たり)」では青森が1位、2位に鹿児島が続く
  • 鹿児島は全国平均の約6倍で地元では「銭湯に使いやすい温泉が豊富にあるから」と推測

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております