やけん→野犬、じゃけん邪険... 一発変換できずイライラ!「方言あるある」描いた漫画に共感

やけん→野犬、じゃけん邪険... 一発変換できずイライラ!「方言あるある」描いた漫画に共感

新島秋一さん「博多弁の女の子は可愛いと思いませんか?」より

「福岡に限らずなんだけど、メール打つ時に方言がうまく変換されなくてよくわからないことになるのあると思います!」

漫画家の新島秋一さんが2019年5月12日、マンガクロス(秋田書店)で連載中の「博多弁の女の子は可愛いと思いませんか?」のエピソードを自身のツイッターで投稿した。

福岡に限らずなんだけど、メール打つ時に方言がうまく変換されなくてよくわからないことになるの
あると思います! pic.twitter.com/lRI0Zj8uRJ
- 新島秋一:どん子ドラマ化7月 (@niijimaakiichi) 2019年5月12日

地方民なら一度は経験したことがあるだろう、方言が一発変換できない問題に、ツイッターでは共感の声が相次いでいる。

悩む地方民「送信取り消しを何度繰り返したか...」

「博多弁の女の子は可愛いと思いませんか?」は、博多弁の女子高生・博多乃どん子が上京し、言葉や文化の違いに触れていく様子を描いた作品。投稿されたエピソードでは、ヒロインのどん子が博多弁でメールを打つ中で、

「楽しみやけん」→「楽しみ野犬」
「今やりようばい」→「今やり用倍」
「今しようとって」→「今使用とって」
「そうなん?」→「遭難?」

といった誤変換が続出。「もう難(なん)なん!! 何でこんな変換に鳴門(なると)!?」と、変換がうまくいかないことにイライラを募らせていた。こうしたストーリーに、ほかのユーザーからは、

「長崎県民ですがばり共感できますwwww」
「野犬死ぬほどわかる」
「ばりそれやらかしますわ...wあとやっとくけんとか打つ時もやっとく券やら件やらになって送信取り消しを何度繰り返したか...」

といった共感のリプライ(返信)が多く寄せられている。作中で取り上げられた博多弁だけでなく、他の地域のユーザーからも、

「広島だとじゃけんが邪険になる」
「困難(こんなん)も追加で」
「自分は『○○やけど』→『○○火傷』が結構経験ありますね〜」
「『なんばしよっと!』が難波しよっとになったり......」

といった、「一発で変換できないワード」が寄せられた。

来おへんの?も
来ない → ない消して 来 にする →おへん?付け加える
だるい..._(:3 」∠)_
- ふじわらのゆいむ (@_NotEquaI_) 2019年5月12日

何してんねんが何し天然になることしばしば。
- ぬこだんご (@hthi_hthi8) 2019年5月12日

ほかのユーザーからは、変換をスムーズにするためにIMEのユーザー辞書に単語登録することを推奨する声もある。なお、新島さんによれば、「一括変換の描き方だと方言の部分がわかりにくいので、方言の部分だけ変換したように描いてあります」とのことだ。

関連記事(外部サイト)